報道発表資料 [2016年4月掲載]

第42回全国育樹祭の開催会場を決定しました!!
第42回全国育樹祭基本構想を策定

平成28年4月8日
産業労働局

 東京都は、平成30年秋季に第42回全国育樹祭を開催します。
 全国育樹祭は、健全で活力ある森林を育て、次の世代に引き継ぐことの大切さを伝えていくことを目的に、昭和52年から毎年秋季に開催されている、国民的な緑の祭典です。東京都では、全国植樹祭を平成8年に開催していますが、全国育樹祭については、初めての開催です。
 このたび、開催会場について、公益社団法人国土緑化推進機構との協議の結果、以下のとおり決定しました。また、これに併せて、第42回全国育樹祭基本構想を策定しましたので、お知らせします。

画像
皇太子殿下によるお手入れ(施肥)
(平成26年度全国育樹祭:山形県)

1 開催会場について

お手入れ行事

 海の森公園予定地(中央防波堤内側埋立地)
 (所在地)江東区青海三丁目地先

式典行事

 武蔵野の森総合スポーツ施設
 (所在地)調布市飛田給一丁目1番41号ほか

画像

2 基本構想について

 別添(PDF形式:1.32MB)のとおり

問い合わせ先
産業労働局農林水産部森林課
 電話 03-5320-4671

〔参考〕

第42回全国育樹祭の概要

主催

 東京都 及び 公益社団法人国土緑化推進機構

開催時期

 平成30年秋季(開催日の決定・公表は、平成30年1月頃(予定))

参加者

 皇族殿下、参議院議長、農林水産大臣、次期開催県知事など約5,000人

主な内容

  • お手入れ行事
     天皇皇后両陛下お手植え樹木(平成8年全国植樹祭)に対する皇族殿下のお手入れ(施肥等)
  • 式典行事
     皇族殿下のおことば、各種表彰、アトラクション等

第47回全国植樹祭(東京都開催)の概要

 東京都では、平成8年に、天皇皇后両陛下のご臨席を賜り、「森がささえる暮らし、都市がはぐくむ緑―東京森隣生活(とうきょうしんりんせいかつ)」をテーマとして、「全国植樹祭」を開催しました。

開催日

 平成8年5月19日(日曜日)

参加者

 約12,000人

会場

 都内三会場で実施

  • 山の森
     檜原都民の森
  • 街の森
     辰巳の森海浜公園
  • 海上の森
     中央防波堤内側埋立地(天皇陛下がイチョウ・スダジイを、皇后陛下がイチョウ・オオシマザクラをお手植え)