報道発表資料 [2016年1月掲載]

「東京みちしるべ2020」を策定しました
誰にでもわかりやすい道路案内標識

平成28年1月29日
建設局

 東京都は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催など、今後増加が見込まれる外国人旅行者も含め、全ての人が安心して円滑に移動できるよう「東京みちしるべ2020」を策定しましたので、お知らせします。
 なお、都内における道路案内標識整備の取組方針については、道路標識適正化委員会東京都部会(幹事:国土交通省東京国道事務所)において決定し、本計画と同日付けで発表しています。

1 計画の概要

  • 計画期間
    平成27年度から5年間
  • 整備規模
    約10,000枚

2 主なポイント

  • 外国人旅行者にわかりやすい英語併記化を全都道で実施
  • 案内性、利便性向上のためピクトグラム(絵文字)や路線番号を追加
  • 通称名表示の充実や、視認性向上のため表示文字サイズの拡大を実施
  • 鉄道駅等から目的地までの施設案内標識の充実

※別添 「東京みちしるべ2020」の策定について〜誰にでもわかりやすい道路案内標識〜(PDF形式:282KB)
※別添 東京みちしるべ2020〜誰にでもわかりやすい道路案内標識〜(PDF形式:1.99MB)

東京都長期ビジョン」事業
本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
 都市戦略1 「成熟都市・東京の強みを生かした大会の成功」
 政策指針3 「多言語対応の推進により、全ての外国人が快適かつ安心して滞在できる都市の実現」

問い合わせ先
建設局道路管理部安全施設課
 電話 03-5320-5302