報道発表資料 [2016年1月掲載]

「東京 島じまん食材使用店」ガイドブック2016を作成しました!

平成28年1月28日
産業労働局

 東京都では、島しょ産の農林水産物を積極的に活用している島しょの飲食店を「東京 島じまん食材使用店」として登録・PRを行い、地産地消を進めています。
 このたび、「東京 島じまん食材使用店」ガイドブック2016を作成いたしました。
 是非、このガイドブックを持って東京の島に行き、大自然の恵みを、食べて、味わい、楽しんでください。

ガイドブックについて

  1. 島の食材を使用した特徴的な料理や独自に創作したお店自慢の料理を紹介
  2. <料理例>

    画像 画像 画像
    地魚の盛り合わせ 島で獲れた野菜のサラダ 大島桜生まんじゅう
  3. 紹介する店舗は、大島15店、新島・式根島3店、神津島1店、三宅島11店、御蔵島2店、八丈島15店、小笠原12店、計59店
  4. 伊豆諸島、小笠原諸島のおすすめ観光スポット、土産を紹介
  5. 発行部数は30,000部、各島観光案内所、竹芝客船ターミナル、調布飛行場、東京都観光情報センター等で無償配布
画像
ガイドブック(A5判116ページ)

※産業労働局農林水産部のホームページからも、 本ガイドブックを閲覧できます
※「東京 島じまん食材使用店」ガイドブック2016の掲載例及び登録条件は、別紙を参照ください。

 お店に掲げられている下記のボードが「東京 島じまん食材使用店」の目印です。

画像

問い合わせ先
産業労働局農林水産部食料安全課
 電話 03-5320-4883

〔別紙〕

掲載内容の紹介(参考)

画像
イメージ

「東京 島じまん食材使用店」登録条件

登録対象店

 都内の島しょ地域において営業している飲食店等

登録条件

 以下の条件をすべて満たすものとする。

  1. 島しょ産農林水産物を概ね年間を通じて使用しているか、来島者の多い時期に使用し、島しょの特徴的な料理や独自に創作した料理で提供できる。
  2. 島しょ産農林水産物の情報を店内、メニュー等に表示するなどして積極的に来島者に提供し、島しょにおける地産地消の推進につながる取組を行っている。
  3. 島しょ観光の振興に貢献する意欲がある。
  4. 東京都による申請書記載内容の公開(ホームページ等への掲載、報道機関等への紹介等)を承諾し、東京都が実施する食育・地産地消推進のための施策に協力する。