報道発表資料 [2015年12月掲載]

無料Wi-Fiサービスの提供開始について

平成27年12月25日
産業労働局

 外国人旅行者及び施設利用者の利便性向上を目的に、都立施設(35施設)において共通の手続きで利用できる、無料Wi-Fiサービスを開始いたしますのでお知らせします。

画像

1 SSID

 FREE_Wi-Fi_and_TOKYO

2 サービス提供事業者

 エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社

3 利用できる施設

 別紙

4 利用方法

 メールアドレス若しくはSNSアカウントの登録

5 対応言語

 日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語

6 サービスの特徴

1)他のサービスと連携した広域的な利用 (全国13万8千カ所で共通利用が可能)

アプリケーションを利用しない他サービスとの共通利用 (全国初)

 連携した事業者間のサービスを利用する場合、利用者は再度の利用登録手続きの必要はありません。

 【連携事業者】 ※今後拡大予定

  • 東京地下鉄株式会社(東京メトロ)
    <SSID:Metro_Free_Wi-Fi>
  • 東京都交通局(地下鉄、バス)
    <SSID:Toei_Subway_Free_Wi-Fi、Toei_Bus_Free_Wi-Fi>
  • 東京国際フォーラム
    <SSID:JAPAN-FREE-WIFI (同SSIDで提供するサービスのうち、東京国際フォーラム内のみ)>
アプリケーションによる他サービスとの共通利用

 サービス提供事業者が運営するアプリケーション「Japan Connected-free Wi-Fi」による共通利用が可能です。

【共通利用できる主なサービス】
 主要交通機関、コンビニエンスストア等の商業施設など
 詳細はこちら → http://www.ntt-bp.net/jcfw/area/ja.html

2)災害発生時の対応

 登録手続きなしに、利用が可能です。接続後、東京都防災ホームページが表示されます。

※詳しくは、ホームページをご覧ください。

エリアサイン (サービスマーク)

 対象施設の利用可能な場所に、以下のエリアサインシールが表示されます。

画像

本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
都市戦略3 「日本人のこころと東京の魅力の発信」
政策指針7 「「おもてなしの心」で世界中から訪れる人々を歓迎する都市の実現」

問い合わせ先
産業労働局観光部受入環境課
 電話 03-5320-4766