報道発表資料 [2015年9月掲載]
(←この報道発表資料のトップへ戻る)

〔別紙〕

採択事業

資源ロスの削減の促進

1 食品ロス削減に向けた協創プロジェクトの市民浸透強化事業

 提案者:フードロス・チャレンジ・プロジェクト
 内容:普及啓発のためのシンポジウムを実施するなど学びや議論の場の提供、食品表示や食品インターフェース改善、サルベージ・パーティ、もったいない鬼ごっこ等の企画、ツールの普及、WEB制作など

画像
子供たちの学びの場

エコマテリアルの利用の促進

2 建築工事における国産合板材型枠の実用性・持続可能性検証モデル事業

 提案者:鹿島建設株式会社
 内容:都内の現場において、国産材型枠の物性の整理、実用性評価の実施、持続可能性の調査など

画像
国産材型枠を証するマーク

3 建築工事における建設汚泥改良土の利用促進

 提案者:日本建設業連合会
 内容:品質管理を徹底し、合理的な運搬方式により建築汚泥改良土を無償で現場に提供するスキームを構築し、建設汚泥改良土を利用

廃棄物の循環利用の更なる促進

4 「みんなが参加する」より高度な循環型社会に向けたモデル事業

 提案者:日本環境設計株式会社
 内容:お台場のオフィスや商業施設で、PETボトルの回収から再製品化までのリサイクルループ構築、ワークショップを通じた事業系廃棄物の共通分別ルール・表示の設定等、消費者・企業参加型のリサイクルを実施

画像
リサイクルに向けた分別

5 宅配便を活用した事業所から排出されるパソコン・小型家電等の効率的な回収

 提案者:リネットジャパン株式会社
 内容:宅配便の配送網を利用し、事業系小型家電を効率的に回収し、リサイクルを実施

6 廃棄物の見える化の推進による事業者や市民を巻き込んだ資源循環型都市と静脈物流の効率化による低炭素都市の実現

 提案者:Save Earth Foundation(セーブアースファウンデーション)
 内容:計量管理システムによる廃棄物の管理、見える化による排出事業者の意識改善、データ活用による資源賦存量の推計、効率的な回収の可能性の検討など