報道発表資料 [2015年9月掲載]

渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合の設立認可について

平成27年9月14日
都市整備局

 東京都は、都市再開発法第11条第1項の規定に基づき、渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合の設立を下記のとおり認可しますのでお知らせします。
 今回の組合設立認可により、都市再生特別措置法に基づく、特定都市再生緊急整備地域(渋谷駅周辺地域)の整備の目標である「渋谷駅の機能更新と周辺都市基盤の再編を契機に、魅力ある商業、業務、文化・交流機能の充実を図るとともに、次世代による先進的な生活文化等の世界に開かれた情報発信拠点を形成」の一翼を担います。

1 事業効果

(1) 駅・周辺市街地をつなぐ歩行者ネットワークの整備

 歩行者デッキをはじめとする立体的な歩行者ネットワークの整備により、地形の高低差や鉄道、幹線道路による地域の分断を解消し、駅・周辺市街地との回遊動線を構築するとともに、歩行者の利便性・快適性・安全性の向上を図る。

(2) 駅周辺の道路ネットワーク及び地下車路ネットワークの整備

 都市計画道路補助第18号線、都市計画駐車場及び駅周辺の開発地区と接続する地下車路ネットワークを整備し、駅周辺の自動車交通の円滑化を図る。

(3) 国際競争力の強化に資する都市機能の導入

 商業・業務・居住機能に加え、外国企業・外国ビジネスマン等に対応した国際医療施設、サービスアパートメント、子育て支援施設を導入するとともに、産学連携による渋谷発のベンチャーを育成する起業支援施設を整備する。

(4) 防災機能の強化

 帰宅困難者の一時滞在施設、一時滞留スペース、防災備蓄倉庫を整備するとともに、自立性の高い電源として、コージェネレーションシステム及び非常用発電機を導入する。

2 認可組合(施行者)の名称及び所在地

 渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
 渋谷区桜丘町4番23号

3 事業の名称

 東京都市計画 渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

4 施行地区

 渋谷区桜丘町、道玄坂一丁目及び渋谷三丁目各地内

5 地区の概要

(1) 地区面積

 約2.6ヘクタール

(2) 計画概要

  • 施設規模
    • 延べ面積
      A街区 約183,830平方メートル
      B街区 約68,220平方メートル
      C街区 約820平方メートル
    • 階数・高さ
      A街区 地上37階/地下4階、高さ約180メートル
      B街区 地上32階/地下2階、高さ約150メートル
      C街区 地上4階、高さ約16.5メートル
  • 施設用途
    業務施設、商業施設、住宅(約170戸)、駐車場等
  • 公共施設等
    都市計画道路放射22号線(既設・幅員50メートル)、補助線街路第18号線(一部新設・幅員15メートル)、区画道路1号(拡幅・幅員6メートル)、区画道路2号(拡幅・幅員6メートル)、区画道路3号(拡幅・幅員6メートル)
  • 総事業費
    約1,630億円

6 認可予定日

 平成27年9月15日(火曜)

7 認可の効果

 組合設立認可により法人格を得て、市街地再開発事業の施行者となり、事業に着手する。

今後の予定

  • 権利変換計画認可 平成29年3月
  • 工事着手 平成29年12月
  • 建物竣工 平成32年12月

※参考資料 渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業(PDF形式:922KB)

問い合わせ先
都市整備局市街地整備部再開発課
 電話 03-5320-4979