報道発表資料 [2015年9月掲載]

防災ノート「東京防災」の作成について

平成27年9月10日
教育庁

 東京都総務局は、各家庭において、首都直下地震等に対する備えが万全となるよう、一家に一冊常備され、日常的に活用できる防災ブック「東京防災」を作成し、各家庭へ配布しています。
 そこで、東京都教育委員会は、防災ブック「東京防災」を有効に活用し、学校と家庭が一体となった防災教育を一層充実できるよう、新たな防災教育教材である防災ノート「東京防災」を作成し、都内の全ての公立学校・私立学校の全児童・生徒に配布しましたので、お知らせします。

1 作成教材

 防災ノート「東京防災」
 小学校1年生〜3年生版(PDF版:5.25MB)、小学校4年生〜6年生版(PDF版:6.06MB)、中学校版(PDF版:7.10MB)、高等学校版(PDF版:6.71MB)の4種類

※教材の特徴等は、別紙「防災ノート『東京防災』について」(PDF版:768KB)のとおり

2 配布時期

 平成27年9月1日

3 作成部数

  • 小学校1年生〜3年生版 333,200部
  • 小学校4年生〜6年生版 321,700部
  • 中学校版 348,300部
  • 高等学校版 359,000部

 計 1,362,200部

4 活用

 各教科、学級活動(ホームルーム活動)、避難訓練の事前・事後指導、宿泊防災訓練、朝の会や帰りの会、長期休業日前の指導等、日常の学校生活における様々な場面で活用する。

問い合わせ先
教育庁指導部指導企画課
 電話 03-5320-6836