報道発表資料 [2015年8月掲載]
(←この報道発表資料のトップへ戻る)

〔別紙〕

(1) 地域拠点型認知症疾患医療センター12病院(既存施設)

医療機関名(所在地) 担当地域(二次保健医療圏)
順天堂大学医学部附属順天堂医院(文京区) 区中央部(千代田区、中央区、港区、文京区、台東区)
東京都保健医療公社荏原病院(大田区) 区南部(品川区、大田区)
東京都立松沢病院(世田谷区) 区西南部(目黒区、世田谷区、渋谷区)
浴風会病院(杉並区) 区西部(新宿区、中野区、杉並区)
東京都健康長寿医療センター(板橋区) 区西北部(豊島区、北区、板橋区、練馬区)
大内病院(足立区) 区東北部(荒川区、足立区、葛飾区)
順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター(江東区) 区東部(墨田区、江東区、江戸川区)
青梅成木台病院(青梅市) 西多摩(青梅市、福生市、羽村市、あきる野市、瑞穂町、日の出町、檜原村、奥多摩町)
平川病院(八王子市) 南多摩(八王子市、町田市、日野市、多摩市、稲城市)
国家公務員共済組合連合会立川病院(立川市) 北多摩西部(立川市、昭島市、国分寺市、国立市、東大和市、武蔵村山市)
杏林大学医学部付属病院(三鷹市) 北多摩南部(武蔵野市、三鷹市、府中市、調布市、小金井市、狛江市)
薫風会山田病院(西東京市) 北多摩北部(小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市)

(2) 東京都認知症疾患医療センターの役割

1 地域連携型 〜区市町村における認知症医療・介護連携の推進役〜

活動圏域 基本的な機能
所在する区市町村
  • 認知症の専門知識を有する相談員(精神保健福祉士等)による医療相談の実施
  • 認知症の鑑別診断を行い、医療・介護・生活支援等の必要な支援に結びつける
  • 身体合併症、行動・心理症状の治療について自院及び連携医療機関において対応
  • 区市町村とともに、地域の医療・介護関係機関とのネットワークづくりを推進
  • 区市町村の認知症施策への協力 等

2 地域拠点型 〜二次保健医療圏の認知症医療の拠点〜

※地域拠点型は所在する区市町村の地域連携型の機能を兼ねるとともに、二次保健医療圏の拠点として以下の役割を担います。

活動圏域 基本的な機能
二次保健医療圏
  • 二次保健医療圏の関係機関が集まる認知症疾患医療・介護連携協議会の開催
  • 身体合併症、行動・心理症状に対応するネットワークづくりの推進
  • 地域の医療従事者(かかりつけ医、看護師等)等向けの研修会開催
  • 受診困難者等の訪問支援を行う認知症アウトリーチチームの配置 等