報道発表資料 [2015年6月掲載]

「自主的衛生管理段階的推進プログラム」の対象業種を拡大しました
食品の衛生管理手法であるHACCPの導入を支援

平成27年6月22日
福祉保健局

 東京都では、「東京都食品衛生自主管理認証制度」(以下、「都認証」という。)により、HACCPの考え方に基づく衛生管理の取組を推進し、食の安全・安心を確保しています。
 昨年8月、この都認証の取得を目指す食品取扱施設の取組を支援するため、初期の段階から取得までの達成状況を評価する「自主的衛生管理段階的推進プログラム」(以下、「プログラム」という。)を開始しました。(詳細は別紙リーフレット(PDF形式:2.09MB))
 この度、本プログラムの対象業種を、給食・調理(平成26年8月施行)に加えて、菓子や豆腐などの食品を製造・加工する施設やスーパーなどの販売施設に拡大し、食品事業者の衛生管理水準の向上を図っていきます。

1 プログラムの特徴

画像

  • 都認証を取得するまでの達成状況を3つのステージ(エントリー、1st、2nd)で評価するものです。
  • 実施すべき衛生管理の具体的内容をチェックシートで示しているため、これを使って必要な「衛生管理の実施」と「記録」を段階的に習慣化することができます。
  • 2ndステージ達成後は、衛生管理マニュアルを作成することで都認証の取得が可能になります。
  • 達成状況に応じたステッカー(確認証)を施設に掲示し、衛生管理への取組をアピールできます。
    また、東京都のホームページで施設名や所在地を公表します。
  • 認証取得支援講習会など都の支援を活用し、HACCPの導入に向けて着実にステップアップすることができます。

2 プログラムの対象者

 従来の給食・調理に加えて、製造・加工、販売の施設に拡大しました。
 今回の対象業種は次のいずれかに該当する食品関係営業施設です。

  • 都内で営業許可を取得している施設
  • 都外で都内流通食品を製造する営業許可施設

3 プログラムの活用の申請先

 都が指定した審査事業者に申請します。
(申請は有料となります。料金は施設規模等により異なります。)
 指定審査事業者については、都のホームページで公表しています。

4 認証取得支援講習会

 プログラムの対象者の拡大に伴い、認証取得支援のための講習会を次のとおり開催します。

(1) 開催日時

 平成27年7月8日(水曜)午後2時00分から午後4時00分まで

(2) 開催場所

 東京都庁第一本庁舎 5階 大会議場

(3) 内容

 ア 東京都食品衛生自主管理認証制度の概要と都の取得支援について
 イ HACCPによる衛生管理の実現に向けた都認証活用のメリットと都認証取得施設における取得までの取組について

(4) 対象者

 都認証の取得を目指す食品事業者

(5) 申込み方法

参考

 東京都食品衛生自主管理認証制度の認証状況
 認証施設は、都のホームページ「食品衛生の窓」で公表しています。
 認証施設数 541施設(平成27年5月末現在)
 (内訳)
 給食:71施設、調理:275施設
 製造:111施設、加工:18施設、販売:66施設

問い合わせ先
福祉保健局健康安全部食品監視課
 電話 03-5320-4475