報道発表資料 [2015年5月掲載]
(←この報道発表資料のトップへ戻る)

河川・公園・墓地

代々木公園での子供用テント等の使用について

 本日、花見等、友人と代々木公園内にてピクニックを12時位にしていました。
 その際、都の職員4名の方に代々木公園内でのテントについて注意を受けました。
私どもは、サンシェードおよび子供用のミニハウスの利用でしたが、強権的に有無を言わさず撤去するよう告げられました。理由もわからず一方的な言い方で、一緒にいた子供も怖がっていました。
 その際、テントの定義を説明願いましたが、明確な回答はいただけませんでした。代々木公園では、サンシェードの使用は子供の日射病対策であっても不可能なのでしょうか。子供を持つ親として回答願います。昨年は利用できましたが今年はだめだと言っています。対応があまりにもひどく子供が泣くような状況でした。公園利用の基準含め、お聞きしたいと思います。

対応

 平素より、都立代々木公園をご利用いただきましてありがとうございます。
 このたびいただきましたご意見につきまして回答いたします。
 都立公園は、多くの来園者の方に安全で快適に利用していただく場所であり、休息、鑑賞、散歩、遊戯、運動等の様々な過ごし方があることから、他の方の支障となる行為について制限をしています。このため、代々木公園をはじめ都立公園では個人によるテント類の設置を禁止しています。
 特に、今回のように多くの来園者がいらっしゃる時に、風であおられて飛んでしまったり、つまづいて転倒するなど、他の方との事故の恐れもあることから、警備員から声をかけさせていただいたところです。
 その際の警備員の対応により、不快な思いをさせてしまったことをおわびいたします。今後、いっそう丁寧な対応を心がけることを指導いたしました。
 ご理解いただきますようお願い申し上げます。

(建設局)

八柱霊園について

 八柱霊園の設備について、段差をなくすよう要望したところ、さっそく対応してもらいました。お礼を伝えたいと思い電話させていただいた。