報道発表資料 [2015年4月掲載]

神宮外苑地区まちづくりに係る基本覚書を締結

平成27年4月1日
都市整備局

 東京都は、平成25年6月、神宮外苑地区における国立競技場の建替計画の具体化を契機に、同地区一帯の再整備を進めるための「東京都市計画神宮外苑地区地区計画」(以下「地区計画」という。)を決定しました。
 今後、国立競技場建替えに引き続き、地区計画に定めた、神宮外苑地区内の緑豊かな風格ある都市景観を保全しつつ、スポーツクラスターと魅力ある複合市街地を実現することを目標に、関係者が相互に連携・協力してまちづくりを進めていくこととしました。

 つきましては、地区内の関係権利者と、再整備に向けた具体的な協議を進めていくため、下記のとおり覚書を締結しましたので、お知らせいたします。

1 覚書の締結者

 宗教法人明治神宮
 独立行政法人日本スポーツ振興センター
 一般財団法人高度技術社会推進協会
 伊藤忠商事株式会社
 日本オラクル株式会社
 三井不動産株式会社
 東京都

2 覚書の対象区域

 新国立競技場と青山通りに挟まれた区域(別紙)(PDF形式:172KB)

3 覚書の内容(骨子)

 都と地区内関係権利者は、地区計画に定めた目標を実現するため、誠意を持って協議を進める。

4 覚書締結日

 平成27年4月1日

問い合わせ先
都市整備局都市づくり政策部土地利用計画課
 電話 03-5388-3248