報道発表資料 [2015年3月掲載]

都庁内保育所の設置について
平成28年10月、地域・企業に開かれた事業所内保育所を開設

平成27年3月31日
総務局

 都は、民間事業者等における地域に開放した事業所内保育所の設置を促進し、待機児童解消を進めるためのシンボル的な取組として、都庁内に事業所内保育所を設置します。
 都内最大級の事業所である都庁において、都自らが実験的に地域や近隣企業等に対して開かれた事業所内保育所の運営に取り組み、そのノウハウや課題等も含めたモデルケースを提示していきます。

都庁内保育所のポイント

1) 待機児童解消に寄与

 義務づけの倍となる定員2分の1を地域(新宿区)に開放します。

2) 近隣企業の子供も受入れ

 残る従業員の枠である定員2分の1については、都職員に加えて、近隣企業と協定を締結して子供を受入れるなど、幅広い保育ニーズに対応します。

3) 早朝から夜間まで開所、体調不良児にも対応

 朝7時00分からの開所、夜10時00分まで最大4時間の延長保育に加え、在園時の当日の体調不良にも対応するよう看護師を常駐させるなど、育児をする勤労者に多様な選択肢を提供します。

1 設置場所

 都議会議事堂1階南側

2 設置主体

 (一財)東京都人材支援事業団

3 運営事業者

 平成27年度に公募して選定

4 保育サービスの概要

(1) 入所定員

 48名(0〜2歳児)
 地域枠 24名(新宿区民の子供)
 従業員枠 24名(都職員・近隣企業の子供)※近隣企業と協定締結

(2) 開所日

 月曜日から金曜日(年末年始・休日を除く)

(3) 保育時間

  • 基本保育 朝7時00分から夜6時00分まで
  • 延長保育 夜6時00分から夜10時00分まで

(4) その他

 在園児の当日の体調不良に対応するよう看護師が常駐、一時預かりも対応予定

5 今後のスケジュール(予定)

平成27年 4月 運営事業者の公募
7月〜8月 運営事業者の決定
9月〜10月 事業計画の策定
〜認可等手続、設計・工事〜
平成28年 10月 開所

※事業所内保育所とは

  • 27年4月から開始される子ども・子育て支援制度において、一定の要件で認可の対象となり、運営に対する給付費が支給されます。
  • 制度上、特に都市部で待機児童数の多い0〜2歳児が対象であり、定員4分の1を地域(地元区市町村)に開放することが義務付けられています。

画像

問い合わせ先
総務局人事部職員支援課
 電話 03-5388-2462