報道発表資料 [2015年3月掲載]

パソコン・携帯電話からいつでもどこでも。
クレジットカードで納付できる都税が拡大します

平成27年3月30日
主税局

 東京都では、平成23年度から自動車税において、パソコン・携帯電話からいつでもどこでも納付ができるクレジットカード納付を実施していますが、社会的なクレジット決済の拡がりもあり、納税者から他税目での利用要望をいただいております。
 納税手段と機会の拡大により納税者の利便性向上を図るため、平成27年4月1日からクレジットカード納付の対象税目を拡大いたします。

1 クレジットカード納付の対象税目拡大と主な変更点

1) クレジットカードで納税できるようになった主な税目

 自動車税に加え、固定資産税・都市計画税、固定資産税(償却資産)、個人事業税、不動産取得税等
※ただし、クレジットカードで納税できるのは、税額が100万円未満の納付書に限る。

2) クレジットカード納付専用サイトの開設期間の拡大

 これまで期間を限定して開設してきたクレジットカード納付専用サイトを、通年開設いたします。

3) 税額に応じた利用者負担の手数料の導入

 税額の他にかかる決済手数料について、定額制から、税額に応じた決済手数料へと変更(税額1万円あたり73円(消費税別)
 ※分割払いやリボ払いは、別途クレジットカード会社が定める手数料がかかる場合があります。

4) クレジット納税の利便性向上

  • 納税証明書発行の早期化
    自動車税の納税証明書の発行開始時期を、1週間程度短縮しました。
  • 国際化への対応
    お支払サイトについて、日本語に加え、英語、中国語、韓国語の画面を用意しました。

2 クレジットカード納付専用サイトのURL

 https://zei.tokyo(サイト名「都税クレジットカードお支払サイト」)

3 指定代理納付者

 トヨタファイナンス株式会社(本社:東京都江東区)

(参考)クレジットカード納付とは

  • クレジットカード納付は、地方自治法第231条の2第6項の規定に基づく指定代理納付者による立替払いです。
  • 東京都が発行した納税通知書・納付書に記載された納付番号等とクレジットカード情報を利用して、インターネット上の専用サイトから決済を行います。※都税事務所やコンビニエンスストア等の各種窓口ではクレジットカード納付はできません。
  • 利用可能なクレジットカードは、VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club、TS CUBIC CARD のマークのあるカードです。

※詳細は、別紙(PDF形式:522KB)をご覧ください。

問い合わせ先
主税局徴収部徴収指導課
 電話 03-5388-2984