報道発表資料 [2015年1月掲載]

(仮称)晴海五丁目西地区開発計画の環境影響評価書案を提出しました
選手村 大会終了後における住宅棟等の環境影響評価書案の提出

平成27年1月23日
都市整備局

 東京都は、中央区晴海地区において、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会(以下「大会」という。)の選手村宿泊施設として使用する住宅棟等を整備することとし、平成26年12月には、大会終了後における選手村予定地の基本的な考え方「選手村 大会終了後における住宅棟のモデルプラン」を公表したところです。
 本日、都は、この住宅棟等の整備を行う(仮称)晴海五丁目西地区開発計画について、東京都環境影響評価条例に基づき、東京都知事(環境局)に環境影響評価書案を提出しました。
 今後、評価書案に係る見解書、環境影響評価書を作成し、環境影響評価手続きを進めていく予定です。

1 対象事業の名称

 (仮称)晴海五丁目西地区開発計画

2 対象事業の概要

 本事業は、東京都中央区晴海五丁目地内の事業区域面積約180,000平方メートルに、住宅棟(超高層タワー)2棟、住宅棟(板状)22棟及び商業棟1棟を建設するものです。

  • 計画地
    東京都中央区晴海五丁目地内
  • 事業区域面積
    約180,000平方メートル
  • 住宅戸数
    約5,950戸
  • 工事予定期間
    1期工事期間:平成28年度〜平成31年度
    2期工事期間:平成32年度〜平成35年度

※評価書案の要約は、別紙1(PDF形式:271KB)のとおりです。
※計画の概要(位置図等)は、別紙2(PDF形式:764KB)のとおりです。

問い合わせ先
都市整備局市街地整備部企画課
 電話 03-5320-5113