報道発表資料 [2014年12月掲載]

「高齢者が活躍する就業モデル」を選定しました!

平成26年12月4日
産業労働局
(公財)東京しごと財団

 働く意欲のある高齢者がいきいきと活躍できる就業の場を拡大することを目的として、東京都は公益財団法人東京しごと財団と連携し、高齢者が中心となって働くことができる場を企業・NPO団体等が積極的に作り出す取組を支援する「高齢者職域開拓モデル事業」を実施しています。
 このたび、支援対象として4つの「就業モデル」を選定しましたので、お知らせいたします。今後、就業モデルの立ち上げを支援するとともに、取組内容を広く一般に対して周知していきます。

選定した就業モデル及び法人名

  • 高齢者に「学び」高齢者が「活きる」シニアセールス事業
    (日本企業支援センター 株式会社)
  • 中小運送業者のニーズに合わせた「運行管理者派遣」
    (株式会社 日本労務研究所)
  • 60代発のコミュニティサロン「せめてしゅういち」
    (イッセー尾形・ら 株式会社)
  • 「手仕事ボックス併設・コミュニティカフェ」事業
    (特定非営利活動法人 燃えない壊れないまち・すみだ支援隊)

※各就業モデルの詳細は別紙参照

「高齢者職域開拓モデル事業」の概要

対象企業等

 都内の事業所において、以下の条件で就業モデルを実施する法人等

就業モデルの主な条件

  • 創業や新分野進出等により、新たに60歳以上の高齢者を3名以上雇用すること
  • 新たに雇用した高齢者の人数が、当該新規事業を行う部門の従業員数の半数以上であること
  • 高齢者の就業の場として、広く一般のビジネスモデルとなりうる内容であること
  • 就業モデルとして認定を受けた日から1年以内に雇用を達成し、就業モデルを開始すること

支援内容

 就業モデルの立ち上げに要する経費の一部を助成

  • 助成限度額:300万円
  • 助成率:2分の1
  • 助成対象期間:認定日から1年間

※今回選定した就業モデルについては、事例発表会と事例集作成・配布により、取組内容を広く一般に対して周知していきます。(平成27年度末実施予定)

問い合わせ先
(選定した就業モデルの詳細に関すること)
(公財)東京しごと財団しごとセンター課
 電話 03-5211-2376
(高齢者職域開拓モデル事業全般に関すること)
産業労働局雇用就業部就業推進課
 電話 03-5320-4664