報道発表資料 [2014年4月掲載]

平成26年度新規事業
「東京都動産・債権担保融資(ABL)制度」がスタートします

平成26年4月28日
産業労働局

 東京都では、都内中小企業のみなさまに新たな資金調達の手段を提供するため、中小企業が保有する幅広い動産や債権を担保として活用できる「東京都動産・債権担保融資(ABL)制度」を創設し、5月1日から取扱いを開始します。

1.制度の特徴

  • 不動産担保によらず、車両、建設機械、工作機械、売掛債権、在庫など多様な動産や債権を担保に活用した事業資金の借入れが可能
  • 担保の種類ごとに優れたノウハウを持つ「専門機関」が動産や債権の評価等を行い、取扱金融機関の融資をサポート
  • 借入れの際に中小企業が負担する経費(担保評価費用や保証料等)の一部を東京都が補助

2.融資の流れ

画像

3.担保の種類ごとの主な専門機関及び取扱金融機関 (各機関は今後変更となる場合があります。)

担保の種類 担保の具体例 主な専門機関 取扱金融機関
機械・設備 車両 トラック、バス等 オリックス自動車株式会社 東京スター銀行
建設機械 クレーン、ブルドーザー等 昭和リース株式会社 東京都民銀行
工作機械 旋盤、マシニングセンタ等
信金中央金庫 (欄外に別掲)
その他
機械・設備
印刷機、フォークリフト
プラスチック成形機等
売掛債権・在庫 売掛債権 売掛金、受取手形等 トゥルーバグループホールディングス株式会社 東京スター銀行
東京都民銀行
みずほ銀行
株式会社帝国データバンク 朝日信用金庫
城南信用金庫
新銀行東京
東京都民銀行
在庫 商品、製品、原材料等 (特非)日本動産鑑定 朝日信用金庫
城南信用金庫
新銀行東京
東京都民銀行

 「信金中央金庫」の取扱金融機関
朝日信用金庫、足立成和信用金庫、亀有信用金庫、小松川信用金庫、西京信用金庫、城南信用金庫、城北信用金庫、西武信用金庫、瀧野川信用金庫、東栄信用金庫、東京三協信用金庫、東京信用金庫、東京東信用金庫、東京ベイ信用金庫、横浜信用金庫

4.融資条件

 融資限度額、融資期間及び融資利率などの諸条件は、別添資料(PDF形式:713KB)をご参照ください。

5.東京都の支援

 融資額の4%(売掛債権・在庫の場合は3.5%)を上限として、担保評価費用や保証料等の2分の1(小規模企業者の場合は全額)を都が補助します。

問い合わせ先
産業労働局金融部金融課
 電話 03-5320-4801