報道発表資料 [2013年8月掲載]
(←この報道発表資料のトップへ戻る)

〔別紙2〕

高校生書評合戦首都大会2013出演者プロフィール ※敬称略

中江有里(なかえゆり) 女優・脚本家・作家

写真

 1973年、大阪生まれ。89年芸能界デビュー。2002年「納豆ウドン」で第23回BKラジオドラマ脚本懸賞最高賞受賞。NHK−BS「週刊ブックレビュー」で長年、司会を務めた。著書に小説「結婚写真」(小学館文庫)、「ティンホイッスル」(角川書店)がある。現在、NHK「ひるまえほっと」‘中江有里のブックレビュー’に出演、関西テレビ「スーパーニュースアンカー」、フジテレビ系「とくダネ!」でコメンテーターを務める。「東京新聞」「北海道新聞」に読書エッセイを連載中。書評も多く手がける。


稲川綾乃(いながわあやの) ビブリオバトル普及委員会理事

写真

 1978年、愛知県生まれ。ビブリオバトル普及委員会理事、関東地区代表。Tokyo Biblio代表。2011年より東京都内を中心に各地でビブリオバトルを開催している。また、千代田区立千代田図書館「初めてのビブリオバトル講座」などの講師を務める。


ビブリオバトル首都決戦2013出演者プロフィール ※敬称略

猪瀬直樹(いのせなおき) 東京都知事・作家

写真

 1946年、長野県生まれ。1987年、『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞。
 『日本国の研究』で1996年度文藝春秋読者賞。主著『ペルソナ 三島由紀夫伝』『ピカレスク 太宰治伝』
 『昭和16年夏の敗戦』、近著『東京の副知事になってみたら』『地下鉄は誰のものか』『突破する力』
 『猪瀬直樹の仕事力』『言葉の力』
 2006年東京工業大学特任教授。2007年6月東京都副知事に任命され、2012年12月から東京都知事に就任。


東浩紀(あずまひろき) 作家・思想家

写真
撮影:新津保建秀

 1971年、東京生まれ。作家/思想家。ゲンロン代表取締役。
 早稲田大学教授、東京工業大学特任教授などを歴任。
 『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、三島由紀夫賞)など著書多数。
 また2013年7月、編集長をつとめた『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図βvol.4-1』を発刊。


谷口忠大(たにぐちただひろ) 立命館大学准教授

写真

 1978年、京都市生まれ。2006年京都大学工学研究科博士課程修了。
 京都大学博士(工学)。立命館大学情報理工学部准教授。
 創発システムとしての社会・コミュニケーションの構成論的理解とその応用に関する研究に従事。
 ビブリオバトルの考案者、同普及委員会代表理事。
 著書に『コミュニケーションするロボットは創れるか-記号創発システムへの構成論的アプローチ-』(2010年)。『ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム』(2013年)。システム制御情報学会論文賞、奨励賞、砂原賞等受賞。


高校生書評合戦首都大会2013・ビブリオバトル首都決戦2013 司会者

雨宮朋絵(あめみやともえ) タレント・レポーター

写真

 1976年、千葉県生まれ。TBS「王様のブランチ」リポーターをきっかけに活動開始。現在はTV、 ラジオなど中心に活動中。TX「絶品!地球まるかじり」「出没!アド街ック天国」、NTV「今田ハウジング」、TBS「王様のブランチ」「王様のお夜食」、CX「胸騒ぎの土曜日」「晴れたらイイねッ!」、EX「銭形金太郎」、TBS「はなまるマーケット」とくまるコーナーリポーター、「イブニングワイド」リポーターなどに出演。2011年から「ビブリオバトル首都決戦」MC