報道発表資料 [2012年10月掲載]

平成24年度上半期の労働相談状況について

平成24年10月29日
産業労働

 東京都では、都内6か所の労働相談情報センターで労働問題の相談に応じています。このたび、平成24年度上半期の労働相談の状況がまとまりましたのでお知らせします。

平成24年度上半期(4〜9月)の労働相談の特徴

相談件数は、引き続き高い水準

  • 相談件数は、27,041件で前年度同期(26,032件)より3.9%の増加となった。引き続き高い水準となっている。

相談項目のトップは「退職」、以下「解雇」「職場の嫌がらせ」と続く

  • 相談項目総数は、51,616項目(1件の相談で複数項目にわたる相談があるため相談件数を上回る)。
  • 最多項目は、「退職」が11.2%。以下、「解雇」9.7%、「職場の嫌がらせ」7.6%の順。

※「解雇」は、使用者の一方的な意思による雇用契約の終了であり、「退職」は、使用者からの働きかけ(勧奨や強要)も多いが、労使合意に基づき雇用契約を終了するものである。

職場の嫌がらせに関する相談は、21.5%増と大幅増加

  • 相談項目数でみると「職場の嫌がらせ」が、前年度同期比で21.5%増と大幅に増加した。

メンタルヘルス不調者に係る相談件数が、25.5%増と大幅増加

  • 上半期のメンタルヘルス不調者に係る相談件数が、前年度同期比で25.5%増と大幅に増加した。相談項目数をみると、「職場の嫌がらせ」が最多となっている。

パート・派遣・契約社員等「電話総合相談」を実施します。

  • 実施日時
    平成24年11月7日(水曜)・8日(木曜) 午前10時00分〜午後7時00分
  • 電話番号
    0570-00-6110(東京都ろうどう110番)

※参考 労働相談の状況(PDF形式:22KB)

問い合わせ先
産業労働局雇用就業部労働環境課
 電話 03-5320-4650