報道発表資料 [2012年10月掲載]

配慮を必要としている方のための新しいマークをつくりました
名前は「ヘルプマーク」です。本日から都営大江戸線各駅で配布を開始します。

平成24年10月26日
福祉保健局
交通局

 義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方がいます。
 そうした方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助が得やすくなるよう、「ヘルプマーク」を作成しました。
 本日から、障害者等で利用を希望する方に大江戸線各駅でヘルプマークを配布するとともに、大江戸線の優先席にステッカーを標示します。ヘルプマークをお持ちの方の優先席の利用について、御理解、御協力をお願いします。

1 名称

 「ヘルプマーク」(デザインは右参照)

画像
ヘルプマーク(help mark)

2 対象者

 義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方

3 実施方法

  1. 対象者からの申出により、大江戸線各駅の駅務室で本日からヘルプマークを配布
  2. 大江戸線の優先席にステッカーを標示(順次実施)
    ※デザインは別添資料を参照

問い合わせ先
(ヘルプマーク全般)
福祉保健局障害者施策推進部計画課
 電話 03-5320-4100
(都営地下鉄での実施関連)
交通局電車部営業課
 電話 03-5320-6075