報道発表資料 [2012年8月掲載]

北朝鮮が拉致を認めて10年「すべての拉致被害者救出を!」
東京ゲートブリッジのライトアップをブルーリボンカラーに

平成24年8月20日
知事本局
総務局
港湾局

  平成14年の日朝首脳会談で北朝鮮が公式に日本人の拉致を認めてから、本年9月17日で10年が経ちます。しかし、いまだに多くの拉致被害者や特定失踪者が祖国日本に帰国できずにいる中で、拉致問題解決のためには世論の後押しが不可欠です。
 そこで、被害者を一日も早く日本に帰したいという思いを込めて、下記の期間、首都東京の表玄関に位置する東京ゲートブリッジのライトアップを、ブルーリボンをイメージした色に変更いたします。

1 日時

 平成24年8月27日(月曜)から9月2日(日曜)まで 日没から深夜0時00分まで

2 内容

 橋側面に886基連続設置したLEDカラー照明を水色にすることにより、北朝鮮拉致問題の解決を願うブルーリボンをイメージしたライトアップに変更します。

3 その他

 拉致問題の解決に向けて近日行われる行事等については、別紙をご参照ください。

イメージ図
ライトアップのイメージ
問い合わせ先
(拉致問題等について)
知事本局総務部調整課
 電話 03-5388-2120
(拉致問題の人権啓発について)
総務局人権部人権施策推進課
 電話 03-5388-2586
(東京ゲートブリッジについて)
港湾局港湾経営部経営課
 電話 03-5320-5541