報道発表資料 [2012年3月掲載]

「青少年のインターネット利用に関する啓発の指針」の制定について
「警視庁フィルタリング特別展2012」における広報啓発活動

平成24年3月21日
青少年・治安対策本部

「青少年のインターネット利用に関する啓発の指針(以下「指針」という。)」の制定

 指針は、「東京都青少年の健全な育成に関する条例」第18条の6の4第2項の規定に基づき、保護者の方や、学識経験者、業界関係者、関係行政機関の方からのご意見もいただき、本年2月15日に定めたものです。

指針の概要

 指針は、青少年自身がインターネットの利用に伴うトラブルや危険及び過度の利用による弊害について適切に理解し、これらの回避や対処に必要な知識を確実に習得できるようにするため、家庭等において行われる(1) 青少年に対する啓発活動において説明されることが望ましい事項及び(2) 啓発に際し留意すべき事項を定めたものです。

(1) 青少年に対して説明されることが望ましい事項

 青少年のインターネット利用に伴う弊害を下記の5つに類型化し、それぞれの回避及び対処の方法を定めているものです。

  • 有害情報の存在
  • 情報の拡散性
  • 騙される危険性
  • 匿名性への誤解
  • 依存の問題

(2) 啓発に際し留意すべき事項

 青少年のインターネット利用に関するルールづくりの必要性や、フィルタリング利用の必要性等について定めているものです。

リーフレット等の広報媒体の作成

 保護者の方に対して、指針の内容をより分かりやすく理解していただくため、リーフレットとDVDを作成しました。指針の本文、リーフレット及びDVDの動画は、青少年課のホームページに掲載しています。
 なお、DVDについては警視庁の協力により、都内各警察署に配付し、学校等で行われる各種防犯教室等において活用していただきます。また、各地域の青少年の育成に関する団体に貸出も行います。

「警視庁フィルタリング特別展2012」における広報啓発活動

開催期間

 平成24年3月24日(土曜日)、25日(日曜日)、27日(火曜日)の3日間

開催場所

 中央区京橋3-5-1「警察博物館」5階イベントホール

  • 24日午前11時30分ころから1階警察博物館前緑地帯において、警視庁と合同でリーフレットの配布活動等のキャンペーンを行います。
  • DVDの放映は、5階イベントホールで行います。
  • 携帯電話事業者も参加し、東京都(九都県市)が推奨した携帯電話端末等が展示される予定です。

※「警視庁フィルタリング特別展2012」の開催に関する報道発表は、警視庁が行います。

本件は、「10年後の東京」への実行プログラム2011において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標7 「意欲ある誰もがチャレンジできる社会を創出する」
 施策22 「子供の学力と社会性を育み、次代を担う若者を輩出」

問い合わせ先
青少年・治安対策本部総合対策部青少年課
 電話 03-5388-3186