報道発表資料 [2011年11月掲載]

携帯電話端末等及び機能の推奨について

平成23年11月21日
青少年・治安対策本部

 東京都では、「東京都青少年の健全な育成に関する条例(以下「条例」という。)」に基づき、学識経験者、保護者、教育関係者、業界関係者等からなる「東京都推奨携帯電話端末等検討委員会」を開催した上で、本日、青少年に対するインターネット上の有害情報対策を主たる目的とし、生活習慣を乱すような利用や依存的な利用を抑止できるものとして、携帯電話端末等(以下「端末」という。)及び携帯電話端末等において利用可能な機能(以下「機能」という。)を推奨しましたので、お知らせします。

イメージ
九都県市推奨マーク

1 推奨制度について

 推奨基準では、利用時期を「専ら保護者等との連絡のために携帯電話を利用する時期(おおむね小学生程度)」と、「インターネット利用について学習している時期(おおむね中学生以上)」の2つに区分し、それぞれの区分に応じて推奨基準を定めています。この推奨制度は、本年7月1日の条例の施行により創設されたもので、保護者が、青少年に携帯電話端末等を持たせる必要があると判断した場合に、端末や機能、サービスを選ぶための目安・参考としていただくものであり、端末を持つことを東京都が勧めるものではありません。

2 推奨した端末及び機能

 別紙1「東京都推奨携帯電話端末等及び機能一覧」のとおりです。

3 九都県市での共同推奨

 別紙2の「九都県市共同取組『青少年の健全な育成に配慮した携帯電話端末等の推奨について』(PDF形式:61KB)」のとおりです。

本件は、「10年後の東京」への実行プログラム2011において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標7 「意欲ある誰もがチャレンジできる社会を創出する」
 施策22 「子供の学力と社会性を育み、次代を担う若者を輩出」

問い合わせ先
青少年・治安対策本部総合対策部青少年課
 電話 03−5388−3186