報道発表資料 [2011年10月掲載]

「東京都経営革新優秀賞」が決定!
〜表彰式を産業交流展2011で実施します〜

平成23年10月6日
産業労働局

 東京都では、中小企業の新製品・新サービスの事業化を促進するため、新事業活動促進法に基づき、中小企業の「経営革新計画」の承認を行っており、平成11年度の受付開始以来、承認件数は5,448件(平成22年度末現在)になります。
 計画に基づき新事業に積極・果敢に取り組み、顕著な経営向上を果たした企業を表彰する「東京都経営革新優秀賞」(別紙参照)を平成22年度に創設し、下記のとおり、本年度の受賞企業を決定しました。
 本受賞者には、産業交流展2011で表彰式を執り行い、副賞として東京都伝統工芸のコラボレーションによる記念メダル(別紙参照)を贈呈します。あわせて、受賞企業の出展もございます。皆様のお越しをお待ちしております。

受賞企業

最優秀賞

  • ハイテクインター 株式会社(千代田区) ホームページ:http://www.hytec.co.jp/
    テーマ:自社製品開発による情報通信分野での新しい価値の創造
    自社ブランドの産業用高速DSLモデム(ABiLINXシリーズ)を企画開発し商品化

優秀賞

  • 株式会社 てあて(昭島市) ホームページ:http://www.te-ate.com/
    テーマ:マッサージ師独立開業支援事業の推進
    日本一社員を大事にする会社を目指し、パートナー(独立)として支援する取組

奨励賞(50音順)

  • 株式会社 エム・アイ・エル(国分寺市) ホームページ:http://www.mil-mail.co.jp/
    テーマ:医と食の安全をサポートするアルミ包装封止検査装置の開発と販売
    医薬品・食品業界向けの包装検査装置を開発し事業化
  • 株式会社 エム・エー・ティ(板橋区) ホームページ:http://www.j-mat.co.jp/
    テーマ:SiC等難削材のCMP加工サービスおよび加工装置の開発・販売
    自社にとって新しい半導体材料の加工装置を開発し販売する取組
  • 有限会社環美(板橋区) ホームページ:http://www.jet-p.jp/
    テーマ:廃塗料固化剤と処理システムによる事業展開
    余った塗料・期限切れ塗料を固化する処理剤と処理システムを開発し事業化
  • 株式会社セス(千代田区) ホームページ:http://www.ces-net.co.jp/
    テーマ:新型インフルエンザ対策用抗ウイルス性マスク量産化体制の確立及び事業化
    マスクの量産加工プロセスを開発し事業化
  • 株式会社西尾硝子鏡工業所(大田区) ホームページ:http://nishio-m.co.jp/
    テーマ:裏面鏡と光反射膜の境界に対する防水構造板鏡の特許申請
    太陽熱発電実証プラント向け等の防水構造板鏡の事業化
  • 株式会社 浜野製作所(墨田区) ホームページ:http://www.hamano-products.co.jp/
    テーマ:板金加工に係わる教育プログラムの開発・事業化
    地域企業と連携した体験プログラムを開発する取組

※伝統工芸コラボメダル等 別紙もご覧ください。

表彰式

日時

 平成23年10月27日(木曜日) 14時00分〜

場所

 産業交流展2011 メインステージ
 (東京ビックサイト 東5・6ホール)

イメージ
※受賞企業の展示:東6ホール 「東京都経営革新優秀賞ゾーン」

問い合わせ先
産業労働局商工部経営支援課
 電話 03−5320−4795

〔別紙〕

経営革新計画とは

  • 新事業活動促進法に基づいた中期経営計画を作成し、東京都知事の承認を得る制度です。
  • 経営革新計画書は、以下の2つの条件を満たす必要があります。
  1. 新しい事業活動に取り組む内容であること
  2. (例)

    • 新商品の開発又は生産:製造業者が新たに新商品を開発
    • 新サービスの開発又は提供:美容室が出張サービスを実施
    • 商品の新たな提供又は販売の方式の導入:果物小売業がフルーツパーラー開店
  3. 計画期間に応じ経常利益などで一定水準以上の伸び率をクリアできる計画であること。
  4. (例)

    • 5年計画の場合には、付加価値額で15%以上、経常利益で5%以上。

※詳細は経営革新計画ホームページをご参照ください。

東京都経営革新優秀賞とは

  • 経営革新計画終了を控えた(終了までの期間が1年未満)企業を対象として、経営革新計画の実現状況、実現までの創意工夫、経営指標などを審査し、顕著な成果を挙げた企業を表彰する都独自の制度です。応募頂いた企業に対して、中小企業診断士を派遣し、 経営革新計画の取組状況を審査するとともに、専門家による審査会を2回開催し、各賞を決定します。
  • 新事業開発に積極的に取組む企業を広く発信し、経営革新の取組の拡大を図ります。

副賞に東京都伝統工芸とコラボレーションしたメダルを贈呈します
〜伝統的な技術を組合わせ、新たな価値を創造〜

イメージ
図1 受賞企業に贈呈する伝統工芸コラボメダルのイメージ
伝統工芸
技術
担当会社 / 作家名
メダル加工箇所
江戸切子 株式会社堀口硝子
全体統括
硝子加工(七宝つなぎ文)
東京銀器 株式会社矢部銀器工芸
金属フレーム、都シンボルマーク
東京彫金 小川真之助
都庁第一本庁舎シルエット
東京くみひも 株式会社桐生堂
首賭けひも