報道発表資料 [2011年6月掲載]

最新排出ガス規制適合車における、
排出ガス低減性能の「無効化機能」について
東京都環境科学研究所による調査結果

平成23年6月3日
環境局

 東京都では、自動車の排出ガス低減性能の実態把握を目的として、市場に出回っている自動車を無作為に抽出して調査する使用過程車調査を、東京都環境科学研究所に委託しております。このたび、最新排出ガス規制に適合するディーゼルトラックにおいて、排出ガス低減性能の「無効化機能」が東京都環境科学研究所の本調査にて発見されましたのでお知らせします。

1 調査結果の概要(平成23年4月発見)

(1) 調査対象車両

 いすゞ自動車(株)「フォワード 積載量4トン」(車両型式:SKG-FRR90S2)

(2) 調査結果

 排出ガス規制の適合試験では正常だが実走行時等にはNOxを3倍以上排出
 ⇒平成23年5月 東京都は国土交通省に対して、道路運送車両法違反で通報しました。

定常時速60キロメートルのNOx・CO
グラフ

2 今後の対応予定

  東京都では、このような実質的に大気環境の改善に貢献しない自動車の普及を防ぐため、以下の対応を今後進めてまいります。

  1. いすゞ自動車(株)には、リコールなどユーザーに対する速やかな措置を求める。
  2. 国に対して、排出ガス規制では明文化されていない「無効化機能」の禁止について、規定の整備を速やかに求める。
  3. 東京都環境確保条例第35条の低公害・低燃費車の規定を整備し、「無効化機能」が付加された自動車の除外を規定する。

 本調査車両及び類する排出ガス低減機構を持つ自動車については、いすゞ自動車(株)が、車両性能の回復に向けた取組を開始しております。
 詳細については、いすゞ自動車(株)お客様相談センター(0120−119−113)へ、お問い合わせください。
 なお、対象となる自動車について、環境局ホームページに掲載します。

 東京都及び東京都環境科学研究所では、今後もこのような調査を続けてまいります。

※参考資料 「無効化機能」について(PDF形式:9KB)

問い合わせ先
環境局自動車公害対策部計画課
 電話 03−5388−3497