報道発表資料 [2015年2月掲載]

東京都食品安全推進計画を改定しました
都民が健康的で豊かな生活を送るために

平成27年2月18日
福祉保健局

 東京都は、食品安全条例に基づき「東京都食品安全推進計画」を策定し、生産から消費に至る各段階で、関係各局の連携のもと、全庁横断的に食品の安全確保に関する施策を推進してきました。
 この度、東京都食品安全審議会答申を踏まえ、推進計画を改定しましたのでお知らせします。

計画改定の趣旨

 全庁的に取り組んできた施策の継続を基本としつつ、昨今の食品の安全に関する諸課題や、2020年(平成32年)東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催も見据えた今後の課題を整理し、都における食品の安全を確保する施策を一層推進していきます。

計画のポイント

  • 食品安全条例に掲げている基本理念に対応した3点を「施策の柱」、その土台となる取組を「施策の基盤」として位置付け、課題と対応を整理しました。
    施策の柱1:国際基準等を見据えた事業者による安全確保の推進
    施策の柱2:情報収集や調査、監視指導等に基づく安全対策の推進
    施策の柱3:世界への情報発信、関係者による相互理解と協力の推進
    施策の基盤:安全を確保する施策の基盤づくり
  • 食品の生産から消費に至る各段階における都の46施策(基本施策)について、「施策の柱」及び「施策の基盤」ごとに総合的に体系化し、特に重点的に取り組む11施策を「重点施策」として選定しました。
  • 本計画の期間は、平成27年度から平成32年度までの6年間とします。

<参考資料>

  1. 東京都食品安全推進計画(平成27年度〜平成32年度)(概要)(PDF形式:509KB)
  2. 東京都食品安全推進計画(平成27年度〜平成32年度)(全文)(PDF形式:5.23MB)
  3. 東京都食品安全推進計画(平成27年度〜平成32年度)(案)に対する意見募集の結果について(PDF形式:424KB)

問い合わせ先
福祉保健局健康安全部食品監視課
 電話 03-5320-4401