報道発表資料 [2013年2月掲載]
(←この報道発表資料のトップへ戻る)

2 財政規模

○一般会計の予算規模は、前年度に比べて1.9%増の6兆2,640億円となりました。
○都税は、前年度に比べて3.9%増の4兆2,804億円となりました。
○政策的経費である一般歳出は、東京の輝きを高め、都民の安全・安心を確立する取組を推進し、前年度に比べて1.6%増の4兆5,943億円となりました。

一般会計

(単位:億円、%)
区分 平成25年度 平成24年度 増減額 増減率
歳入 62,640 61,490 1,150 1.9
  うち都税 42,804 41,195 1,609 3.9
歳出 62,640 61,490 1,150 1.9
  うち一般歳出 45,943 45,231 713 1.6
 
特別会計 〔15会計〕 40,265 36,303 3,963 10.9
公営企業会計 〔11会計〕 17,933 19,950 -2,017 -10.1
全会計合計 〔27会計〕 120,838 117,742 3,096 2.6

※一般歳出とは、一般会計のうち公債費及び特別区財政調整会計繰出金、地方消費税交付金など税の一定割合を区市町村に交付する経費(税連動経費)などを除いた、いわゆる政策的経費のことをいいます。

財政規模・一般歳出の推移(一般会計当初予算)

グラフ

(単位:億円、%)
区分 4年度 19年度 20年度 21年度 22年度 23年度 24年度 25年度
財政規模 72,314 66,020 68,560 65,980 62,640 62,360 61,490 62,640
2.3 7.0 3.8 -3.8 -5.1 -0.4 -1.4 1.9
一般歳出 59,929 43,366 44,137 45,422 46,289 45,839 45,231 45,943
2.9 3.7 1.8 2.9 1.9 -1.0 -1.3 1.6

※いずれも、当初予算ベースの数値です。
※下段の数値は、対前年度増減率です。

都予算・国予算・地方財政対策の状況

区分 財政規模 一般歳出 公共事業関係費
(投資的経費)
税収 起債額 起債
依存度
起債残高
  うち赤字債

(一般会計)
6兆2,640億円
(+1.9%)
4兆5,943億円
(+1.6%)
8,663億円
(+1.8%)
4兆2,804億円
(+3.9%)
4,485億円
(-9.1%)

(―)
7.2% 残高6.6兆円
税収比1.5倍

(一般会計)
92兆6,115億円
(+2.5%)
53兆9,773億円
(+4.2%)
5兆2,853億円
(+15.6%)
43兆960億円
(+1.8%)
42兆8,510億円
(-3.1%)
37兆760億円
(-3.3%)
46.3% 残高750兆円
税収比17.4倍
地方財政対策
(通常収支分)
81兆9,100億円
(+0.1%)
66兆4,200億円
(-0.1%)
5兆円
(-3.1%)
34兆175億円
(+1.1%)
11兆1,517億円
(-0.1%)
6兆2,132億円
(+1.3%)
13.6% 残高201兆円
税収比5.9倍

※括弧内の数値は、対前年度増減率です。
※起債依存度は、歳入に占める起債の割合です。
※国の一般歳出は、歳出総額から国債費及び地方交付税交付金等を除いた額です。
※国の起債額は、年金特例公債金を除いた額です。
※国の起債残高は、復興債を含んだ額です。
※地方財政対策の公共事業関係費(投資的経費)は、単独分の額です。
※地方財政対策の赤字債は、臨時財政対策債の発行額です。
※地方財政対策の起債残高は、東日本大震災分を含んだ額です。