報道発表資料 [2016年1月掲載]

防災展2016〜東日本大震災から5年 今やろう、減災への備え〜の開催について

平成28年1月25日
総務局

 東京都は、東日本大震災から5年を迎えるこの機会を捉えて、都民や事業者の皆様に自助、共助への理解を深めていただき、首都直下地震等への備えを推進するため、下記のとおり防災展を開催します。

区部

1 日時

 平成28年3月11日(金曜)12時00分から17時00分まで
 平成28年3月12日(土曜)10時00分から17時00分まで
 平成28年3月13日(日曜)10時00分から16時00分まで

2 場所

  • 新宿駅西口広場イベントコーナー(新宿区西新宿一丁目地先)(展示・体験)
  • 工学院大学新宿キャンパス(新宿区西新宿一丁目24番2号)(講演・セミナー)

3 参加費

 展示・体験、講演・セミナーともに無料

4 主な内容(展示・体験)

  • 災害用伝言サービスなどを活用した家族との連絡手段の展示・体験
    • 災害時の安否確認手段として有効な災害用伝言サービスや防災アプリの紹介
  • 防災資機材・防災グッズの展示・体験
    • スタンドパイプや模擬消火装置、簡易トイレなど、家庭や地域の防災対策に活用できる資機材・防災グッズを手にとって体験できるコーナーを設置
  • 起震車体験
    • 最大震度7が体験できる起震車体験コーナーを設置
  • 防災ブックにちなんだワークショップ実施
    • 防災ブック「東京防災」で災害発生時に役立つ知恵・工夫として紹介している「もしもマニュアル」から実践的なワークショップを実施
  • 耐震診断・耐震補強等の相談コーナー
    • 耐震相談コーナー(無料)を開設し、耐震診断や耐震補強工法等を紹介
    • 宅地の診断コーナー(無料)を開設し、来場者の自宅等の地形・地質についてパソコンを用いて説明
    • 専門家による防災何でも相談コーナー(無料)を開設
  • パネル展示
    • 防災ブック「東京防災」や、「日常備蓄」など都が推進している施策のほか、参加機関による防災・危機管理対策について紹介
  • 防災ミニセミナー
    • 参加団体を中心として、日常生活や発災時などに役立つ防災ミニセミナーを実施
  • 東日本大震災の写真・映像・資料展示
    • 大震災の記憶を風化させず、改めて地震災害の脅威を理解するため、当時の写真や映像、資料を展示
  • 東北の物産展と観光PR
    • 東日本大震災の復興支援として、岩手県・福島県の物産展と、岩手県・福島県・宮城県の観光PRを実施
  • 家族で楽しめるイベント
    • ささやかなプレゼントが当たる防災クイズスタンプラリーなど、家族で楽しめるイベントも実施
  • 公式キャラクターが登場(3月13日のみ)
    • 「東京防災」公式キャラクター「防サイくん」が登場

5 参加団体(展示・体験)

(情報通信)※50音順
 株式会社NTTドコモ
 NTTレゾナント株式会社
 KDDI株式会社
 ソフトバンク株式会社
 東日本電信電話株式会社
(震災・風水害対策)※50音順
 気象庁 東京管区気象台
 災害復興まちづくり支援機構
 自衛隊東京地方協力本部 豊島出張所
 一般社団法人東京建設業協会
 社会福祉法人東京コロニー 東京都葛飾福祉工場
 一般社団法人東京都地質調査業協会/一般社団法人関東地質調査業協会
 公益財団法人東京都都市づくり公社
 東京都木造住宅耐震診断登録事務所協議会
 公益社団法人土木学会
 一般社団法人日本エレベーター協会
 一般社団法人日本損害保険協会
(東京都の防災対策)
 東京都総務局総合防災部
 東京都総務局復興支援対策部
 東京都都市整備局
 東京都福祉保健局
 東京都建設局
 東京都水道局
 東京消防庁
 警視庁
(物産展)
 岩手県
 福島県

6 講演・セミナー「東京防災隣組シンポジウム」

(1) 日時

 平成28年3月12日(土曜)13時00分から16時45分まで(開場12時00分)

(2) 場所

 工学院大学新宿キャンパス A-0542教室(5階)

(3) 定員

 250名(事前申込制。当日受付も可能ですが、申込状況によっては入場を制限させていただく場合があります。)

(4) 内容

  • 東日本大震災の語り部による被災体験「東日本大震災の実体験から学ぶ公助の限界〜安否ハンカチがもたらす自助・共助の絆〜」
     東日本大震災の実体験に基づく公助の限界と自助・共助の重要性などについて講演いただきます。
     講演者:一般社団法人防災プロジェクト 代表理事 中井 政義 氏
  • 東京防災隣組認定団体による活動事例発表
     東日本大震災を契機に、取組内容や団体の意識にどのような変化があったかという点に焦点を当て、意欲的な防災活動を行う団体として東京都が認定した「東京防災隣組」に活動事例を発表いただきます。
     発表団体:中川地区安全対策会議(防火防災部)(足立区)
     北落合地区災害対策連絡協議会(多摩市)
  • 「東京防災」セミナー
    「今すぐできる東京防災」を基に、防災ブック「東京防災」の内容について分かりやすく解説するほか、家具類の転倒・落下・移動防止対策について説明します。
    講演:東京消防庁防災部
  • 東京都の防災対策
    東京都の防災対策の中から、都民や事業者に役立つ内容という観点からそれぞれ情報発信します。
    • 復興施策に関する東京都の取組
    • 帰宅困難者対策に関する東京都の取組
      講演:東京都総務局総合防災部

(5) 申込方法

 メール、ファクスのいずれかでお申込みください。

  • メールの場合
    件名を「防災展2016講演・セミナー申込み」とする。
    アドレス:bousaiten2016(at)landmark-p.com
    ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。
  • ファクスの場合
    用紙の冒頭に「防災展2016講演・セミナー申込み」と明記する。
    ファクス:03-5475-5842
    ※申込みの際は参加いただく方の氏名、住所、連絡先(電話)を明記してください。いずれかが無い場合無効となることがあります。また、一度に複数名申し込まれ、それぞれの住所・連絡先が異なる場合は必ずそれぞれを明記してください。
    ※ご応募いただいた個人情報は本セミナーの開催業務にのみ使用します。

(6) 応募期間

 平成28年2月1日(月曜)から平成28年3月8日(火曜)まで(必着)

7 防災展2016事務局(区部)

  • 2月1日(月曜)から開設
  • 電話番号:03-3445-7778
  • 受付時間:10時00分から18時00分まで(土曜日曜祝日は除く)

多摩

1 日時

 平成28年3月1日(火曜)から6日(日曜)まで
 10時00分から17時00分まで(1日のみ12時00分開始)

2 場所(予定)

 国営昭和記念公園 花みどり文化センター(立川市緑町3173)

  • ギャラリー1及び2(展示・体験)
  • 講義室(講演・セミナー)

※国営昭和記念公園「そなえパークの日」と同時開催(主催:国営昭和記念公園管理センター)

3 参加費

 展示・体験、講演・セミナーともに無料

4 主な内容(展示・体験)

  • パネル展示
    • 多摩直下地震の被害想定や自助共助等の普及啓発パネル・資料を展示
  • 東日本大震災の写真・映像・資料の展示
    • 大震災の記憶を風化させず、改めて地震災害の脅威を理解するため、当時の写真や映像、資料を展示
    • 3Dドキュメンタリー映画「大津波THE3.11未来への記憶」上映会
      上映日:3月5日(土曜)※一日三回上映予定
       第1回:11時00分から11時25分まで
       第2回:13時00分から13時25分まで
       第3回:15時00分から15時25分まで
  • 公式キャラクターが登場(3月5日、6日のみ)
    • 「東京防災」公式キャラクター「防サイくん」と多摩の魅力発信プロジェクトマスコットキャラクター「たまらんにゃ〜」が登場

5 講演・セミナー

(1) 日時

 平成28年3月6日(日曜)13時00分から16時00分まで(開場12時00分)

(2) 場所(予定)

 国営昭和記念公園 花みどり文化センター 講義室

(3) 定員

 50名(事前申込制。当日受付も可能ですが、申込状況によっては入場を制限させていただく場合があります。)

(4) 内容

  • 「東京防災」セミナー
     「今すぐできる東京防災」を基に、防災ブック「東京防災」の内容について分かりやすく解説するほか、家具類の転倒・落下・移動防止対策について説明します。
    講演:東京消防庁防災部
  • 東京防災隣組認定団体による活動事例発表
     企業・商店等から優待サービスが受けられる絆カードの配布による、自治会加入・絆・互助の推進や、自治会と多様な団体が連携した地域防災訓練など災害に強い地域づくりに向けた取組について、「東京防災隣組」認定団体に活動事例を発表いただきます。
    発表団体:立川市自治会連合会(立川市)
  • 地震ITSUMO講座〜被災者から学んだ生活防災術〜
     食やトイレ、防災グッズなど暮らしの中でできる備えを、クイズや実演を通して分かりやすく学べる講座です。
    講演:特定非営利活動法人プラス・アーツ

(5) 申込方法

 メール、ファクスのいずれかでお申込みください。

  • メールの場合
    件名を「防災展(多摩)講演・セミナー申込み」とする。
    アドレス:plam(at)shirt.ocn.ne.jp
    ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。
  • ファクスの場合
    用紙の冒頭に「防災展(多摩)講演・セミナー申込み」と明記する。
    ファクス:042-851-9575
    ※申込みの際は参加いただく方の氏名、住所、連絡先(電話)を明記してください。いずれかが無い場合無効となることがあります。また、一度に複数名申し込まれ、それぞれの住所・連絡先が異なる場合は必ずそれぞれを明記してください。
    ※ご応募いただいた個人情報は本セミナーの開催業務にのみ使用します。

(6) 応募期間

 平成28年2月1日(月曜)から平成28年3月2日(水曜)まで(必着)

6 防災展2016事務局(多摩)

  • 2月1日(月曜)から開設
  • 電話番号:042-793-2881
  • 受付時間:9時00分から17時00分まで(土曜日曜祝日は除く)

その他

 当日は内容が変更になる可能性があります。また、開催日により内容が異なる場合があります。

※別添 チラシ(PDF形式:3.63MB)

問い合わせ先
総務局総合防災部防災管理課
 電話 03-5320-7621