報道発表資料 [2016年1月掲載]

『フードロス・チャレンジ・フェス!@イオン葛西店』の開催について

平成28年1月25日
環境局

 「世界では約8億人、9人に1人が、飢餓に苦しんでいる」との報告がある一方で、「世界で作られる食料の3分の1」が捨てられています。日本は、多くの食べ物を輸入に頼っている国ですが、「まだ食べられる食べ物」が年間約642万トン、日本人1人あたりに換算すると、毎日「おにぎり約1個半」の食べ物が捨てられています。
 東京都では、今年度「『持続可能な資源利用』に向けたモデル事業」のひとつとして、食品ロス(フードロス)対策に関する企業等との連携事業を行っていますが(モデル事業採択事業者:フードロス・チャレンジ・プロジェクト)、このたび、イオン(株)等の協力を得て、お買い物の場でフードロス対策を啓発するイベントを開催しますのでお知らせします。

フードロス・チャレンジ・フェス!@イオン葛西店

日時

 2月19日(金曜)、20日(土曜)、21日(日曜) ※営業時間中

場所

 イオン葛西店(江戸川区西葛西3丁目9−19)

主催

 フードロス・チャレンジ・プロジェクト(都モデル事業採択事業者)、東京都環境局

協賛

 イオン(株)、イオンリテール(株)、イオントップバリュ(株)、(株)イオンファンタジー

内容

オープニングセレモニー

  • 2月19日(金曜)午前中(9時台を予定) 4階イベントスペース
  • 主催者挨拶(東京都環境局資源循環推進部長、フードロス・チャレンジ・プロジェクト代表)
  • 実施事業内容の紹介等 ※一般の方もご覧になれます。

お買い物の場での啓発活動:「つれてって!それ、フードレスキュー」

  • 2月19日(金曜)〜21日(日曜)7時00分〜23時00分 1階売場
  • 1階のお惣菜売り場を中心に、消費期限等が近い商品に、「つれてって!それ、フードレスキュー」のシールが貼られます。そうした商品を食べること等を通じてフードロス問題について考えていただく企画です。また、店頭POPやポスター等でもフードロス問題に関する情報を楽しくお伝えします。
画像

非常食がシェフの手で、ごちそうに変身!「ごちそうとぼうさい」イベント

  • 2月19日(金曜)14時30分〜15時30分(当日先着30名) 4階イベントスペース
  • 非常食でつくるごちそうスイーツを食べながら、非常食をサバイバル時の「食料」としてだけではなく、長くなりがちな被災生活で、食の喜びが大切になってくる「食事」として捉え、ローリングストック法など「自分にあった非常食(メニュー)」を普段から備えるための方法をお伝えします。
画像

問い合わせ先
環境局資源循環推進部一般廃棄物対策課
 電話 03-5388-3581