報道発表資料 [2016年1月掲載]

WOODコレクション(モクコレ)2016開催
東京・長野・岐阜がタッグを組んだ! 都市部での木材利用拡大に挑む

平成28年1月25日
産業労働局

 森林は、木材生産を始め、水源のかん養や災害の防止、二酸化炭素の吸収などの多面的機能を持つ貴重な財産です。その森林を健全な姿で次世代に継承するためには、伐採、利用、植栽、保育という「森林の循環」を継続することが重要であり、木材を使うことが森を育て、地球温暖化対策にも貢献します。
 この度、大消費地である東京での木材利用の拡大に向けて、日本各地と東京が連携して取り組む産業振興施策ALL JAPAN&TOKYOプロジェクトの一環として、東京都、長野県、岐阜県が連携して、多摩産材(東京都)、長野県産材、岐阜県産材を活用した建材や家具などの製品展示会を開催します。

日時

 平成28年2月18日(木曜)13時00分〜17時00分
 平成28年2月19日(金曜)10時00分〜16時00分

会場

 東京都立産業貿易センター台東館 4階展示場(台東区花川戸2-6-5)

主な内容

  • 多摩産材(東京都)、長野県産材、岐阜県産材を活用した製品の展示
    (約50の企業等が出展予定、出展者等詳しくは別添チラシ(PDF形式:2.03MB)参照)
  • 3都県の施策等を紹介するセミナーを随時開催

※入場は無料で、事前登録も不要です。

主催

 東京都、長野県、岐阜県

多摩産材使用例

画像 画像 画像

知事の特別応接室

首都大学東京南大沢キャンパス

多摩産材モデルルーム


問い合わせ先
産業労働局農林水産部森林課
 電話 03-5320-4855