報道発表資料 [2016年1月掲載]

神代植物公園
梅まつり

平成28年1月7日
建設局
(公財)東京都公園協会

 神代植物公園の“うめ園”には古くから伝わる品種を中心に約70品種、180本のウメが植えられており、例年2月上旬から3月上旬にかけて花盛りを迎えます。今年も開花に合わせ、華やかな園内で「梅まつり」を開催します。
 当園所蔵「韻勝園梅譜(いんしょうえんばいふ)」の模写帖を一部公開するとともに、講演会や職員による“うめ園”ガイドツアーなど、江戸園芸文化としてのウメにちなんだ内容の濃い催しを多数ご用意しております。
 春の足音を聞きながら、紅白艶やかなウメをさまざまな視点でお楽しみください。

画像
見頃を迎えたうめ園(昨年の様子)

当園のウメの品種(一部)

野梅系(やばいけい)

画像 画像
八重寒紅(やえかんこう) 月の桂(つきのかつら)

豊後系(ぶんごけい)

画像 画像
楊貴妃(ようきひ) 緋の袴(ひのはかま)
画像 画像
白牡丹(はくぼたん) 江南所無(こうなんしょむ)

緋梅系(ひばいけい)

画像 画像
鹿児島紅(かごしまべに) 大盃(おおさかづき)

1 期間

 平成28年2月2日(火曜)〜3月6日(日曜)
※2月8日(月曜)・15日(月曜)・22日(月曜)・29(月曜)は休園日です。

2 内容

(1) 韻勝園梅譜展

 江戸時代の梅の育種家・春田久啓(はるたひさとお)が、屋敷の庭の梅を写生し、解説文を添えてまとめた「韻勝園梅譜」についてパネルで解説し、模写帖(神代植物公園所蔵)の一部を特別に公開します。

  • 日時
     2月2日(火曜)〜3月6日(日曜) 9時30分〜17時00分
    ※休園日を除く
  • 場所
     神代植物公園
     植物会館1階ロビー
  • 参加費
     無料(入園料別途)
画像 画像
神代植物公園所蔵「韻勝園梅譜」模写帖の一部 

(2) 講演会「ウメ 〜鑑賞の歴史〜」

 鑑賞用に花を楽しむ花ウメは奈良時代に中国から伝えられ、万葉集をはじめとする多くの歌で詠まれています。時代とともにさまざまな形で鑑賞されてきたウメの歴史についてお話しします。

  • 日時
     2月21日(日曜) 13時30分〜(約2時間)
  • 場所
     神代植物公園 植物会館2階集会室
  • 受付
     当日13時00分より植物会館2階集会室にて
  • 講師
     加藤雍太郎(かとうやすたろう)氏 (日本梅の会 副会長)
  • 定員
     50名(当日先着順)
  • 参加費
     無料(入園料別途)

(3) 職員による園内ガイドツアー ※荒天中止

画像
ウメ ‘冬至(とうじ)’

 2月14日は、当園園芸係職員が“うめ園”をはじめとする園内の見どころをご案内し、2月28日は、当園園長が見頃の“うめ園”を中心に園内をご案内します。

  • 日時
     2月14日(日曜)、2月28日(日曜)
     11時00分〜(約1時間)
  • 場所
     神代植物公園 うめ園ほか
  • 受付
     当日10時45分より正門(園内側)にて
  • 定員
     30名(当日先着順)
  • 参加費
     無料(入園料別途)

(4) ガイドボランティアによる“うめ園”ガイドツアー ※荒天中止

 ガイドボランティアが見頃の“うめ園”を中心に園内の見どころや見頃の植物をご案内します。

  • 日時
     2月26日(金曜)、27日(土曜)、3月1日(火曜)
     各日 1)10時30分〜 2)13時30分〜 (各回約1時間)
  • 場所
     神代植物公園 うめ園ほか
  • 受付
     当日開始時刻より正門(園内側)にて
  • 参加費
     無料(入園料別途)
  • 協力
     神代植物公園ガイドボランティアクラブ

(5) 梅見茶屋 ※荒天中止

 “うめ園”で温かいお飲物、お土産等を販売します。

  • 日時
     梅まつり期間中の土・日・祝日 9時30分〜16時00分
     (2月6日(土曜)・7日(日曜)・11日(木曜・祝日)・
     13日(土曜)・14日(日曜)・20日(土曜)・21日(日曜)・
     27日(土曜)・28日(日曜)・3月5日(土曜)・6日(日曜))
  • 場所
     神代植物公園 うめ園 四阿(あずまや)

問い合わせ先
(公財)東京都公園協会総務課
 電話 03-3232-3038
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

〔参考〕

神代植物公園について

開園時間

 9時30分〜17時00分(最終入園は16時00分)

休園日

 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日〜1月1日

住所

 調布市深大寺元町5-31-10

交通

  • 京王線から
    調布駅から小田急バス吉祥寺駅または三鷹駅行き「神代植物公園前」下車
    または京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車
    京王線つつじヶ丘駅から京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車
  • JR中央線から
    三鷹駅または吉祥寺駅から小田急バス調布駅北口または深大寺行き
    「神代植物公園前」下車

入園料

 一般 500円 65歳以上 250円 中学生 200円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
※水生植物園及び植物多様性センターは無料で入園できます

 年間パスポート 一般 2,500円 65歳以上 1,250円

問い合わせ先

 神代植物公園サービスセンター 電話:042-483-2300

ホームページ

 公園へ行こう!神代植物公園

公式Twitter

 @ParksJindai 都立神代植物公園 園長の採れたて情報

園内マップ

画像