報道発表資料 [2015年8月掲載]

東京都初!大型人権啓発イベント
「ヒューマンライツ・フェスタ東京2015」を開催します!

平成27年8月7日
総務局

 東京都は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を契機に、人権が尊重され、誰もが幸せを実感できる「世界一の都市・東京」の実現を目指し、人権施策の一層の推進に取り組んでいます。
 本年10月、人権施策の重点プロジェクトとして、幅広い都民の方に人権の大切さについて考え、理解を深めていただくための場を提供することを目的として、下記のとおり大型人権啓発イベント「ヒューマンライツ・フェスタ東京2015」を開催します。

1 主催

 東京都

2 日時(予定)

 (1) 平成27年10月9日(金曜) 10時00分〜21時00分
 (2) 平成27年10月10日(土曜) 9時00分〜19時00分
 (3) 平成27年10月11日(日曜) 9時00分〜17時00分

3 会場

 東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内三丁目5番1号)
 ホールD7、D5、会議室、ロビーギャラリー

画像
(c) TOKYO INTERNATIONAL FORUM CO., LTD

4 内容

(1) メインテーマ 「多文化共生社会の実現」

 約42万人(平成27年1月1日)の外国人が暮らす東京は、都民のおよそ30人に1人が外国人であり、今後ますます増大することが予想されます。
 東京が「人権が尊重され、誰もが幸せを実感できる『世界一の都市・東京』」であるためには、都民一人ひとりが、外国人がもつそれぞれの文化や生活習慣を尊重し、多様性を受け入れていくことが大切です。
 そこで本イベントが、私たち都民と東京で暮らす外国人が同じコミュニティで生活する構成員である、という意識をもち、多様な文化、価値観、生活習慣等について理解いただくきっかけになればと考え、メインテーマを「多文化共生社会の実現」としました。

(2) プログラム(予定)

 シンポジウム、アール・ブリュット※1美術展、映画上映、アスリートトークショー、民族舞踊及び各種セミナー等(詳細は別紙(PDF形式:270KB)参照)

5 シンボルマーク

 社会福祉法人愛成会より提供されたアール・ブリュット※1の作品です。

画像
(奥山英子/Hideko Okuyama作)

6 その他

 その他にも様々な企画を予定しております。
 より詳細な内容については決定次第お知らせします。

※1アール・ブリュット
 正規の美術教育を受けていない人などが、既成の表現法にとらわれず、独自の方法や発想により制作した作品のこと。障害者のアートのみに留まらず、より広範囲の作品を指す。

問い合わせ先
総務局人権部人権施策推進課
 電話 03-5388-2586