報道発表資料 [2013年12月掲載]

江戸から伝わる一筋の道
第57回東京都伝統工芸品展の開催について
Made in Tokyo のプライドと伝統と
染め、描き、彫り、磨く 匠の技

平成25年12月10日
産業労働局

 江戸から現代へ、名工の手から手へ伝わる一筋の道。東京には、100年を超える歴史のなかで受け継がれてきた「技」を今に伝える伝統工芸品が数多くあります。
 このたび、東京の伝統工芸品の魅力を多くの皆様にご紹介するため、『第57回東京都伝統工芸品展』を開催します。
 会場では、東京の職人たちが技を活かして作り上げた工芸品の展示販売及び実演を行うほか、来場者が職人の技にチャレンジできる製作体験コーナーも設けます。
 伝統を受け継ぎながら、現代に生き続ける「東京産」の工芸品を、ぜひこの機会にご覧下さい。

写真 写真 写真 写真

前回の様子
製作体験「江戸手描提灯」

会期

 平成26年1月24日(金曜)から1月29日(水曜)まで(6日間)
 午前10時00分から午後8時00分まで
(ただし24日(金曜)、25日(土曜)は午後8時30分まで、最終日29日(水曜)は午後6時00分まで)

会場

 高島屋新宿店11階催会場(渋谷区千駄ヶ谷5-24-2)

入場料

 無料

主催

 東京都、公益財団法人東京都中小企業振興公社

後援

 東京都伝統工芸品産業団体連絡協議会、東京都伝統工芸士会、東京都伝統工芸品産業団体青年会

会期中問い合わせ

 東京都産業労働局商工部経営支援課 電話 03-5320-4783
 (公財)東京都中小企業振興公社城東支社 電話 03-5680-4631

※内容は別紙(PDF形式:175KB)のとおり

問い合わせ先
産業労働局商工部経営支援課
 電話 03-5320-4783