報道発表資料 [2012年1月掲載]

都として初めての在宅就業フェアを開催します
在宅業務の受発注機会拡大に向けて

平成24年1月24日
福祉保健局

 東京都では、ひとり親家庭の就業と生活を両立させる働き方の確保のため、平成22年6月から在宅ワーカーの育成や事業のマッチングなどの支援を行っています。
 このたび、在宅就業の受発注の機会の拡大に向けて、在宅就業に特化した就職フェアを都として初めて開催します。
 当日は、21社の企業によるブース出展のほか、在宅ワーカーによるプレゼン、在宅就業に関連したミニセミナー、パネル展示等も行います。
 在宅就業を実施・実施を検討している企業の方、在宅ワーカーの方、在宅就業に興味をお持ちの方など、多くの方々のご参加をお待ちしています。

1 開催日時

 平成24年2月16日(木曜日) 午前11時から午後4時30分まで

2 会場

 中野サンプラザ7階 研修室10、11 入場無料
 中野区中野四丁目1番1号(中野駅徒歩1分)

3 出展企業の概要

 21社 別紙「出展企業一覧」のとおり

4 プログラム

11時30分〜12時00分 ミニセミナー 1) 長瀬貢氏
「企業が気をつけたい在宅業務発注のポイント」
13時00分〜13時50分 在宅ワーカーによるプレゼンテーション(第1部)
14時15分〜14時45分 ミニセミナー 2) 渋谷武子氏
「在宅ワークに求められるヒューマンスキル」
15時00分〜15時50分 在宅ワーカーによるプレゼンテーション(第2部)

※在宅就業の現在がわかるパネル展示、東京都の在宅就業支援事業やひとり親家庭支援センター「はあと」についての紹介もあります。

ミニセミナー講師プロフィール

  • 長瀬貢氏
    日本生産性本部客員研究員・在宅ワーカーアドバイザー
  • 渋谷武子氏
    シニア産業カウンセラー・キャリアコンサルタント

 東京都在宅就業フェア専用ホームページ
 本就職フェアは、東京都が財団法人東京都母子寡婦福祉協議会に委託して実施しています。

東京都在宅就業フェア チラシ(PDF形式:1.00MB)

問い合わせ先
福祉保健局少子社会対策部育成支援課
 電話 03−5320−4125