報道発表資料 [2011年9月掲載]

「介護のコト体験フェア」を開催します
〜知って得するプロのワザ〜

平成23年9月12日
福祉保健局

 東京都では、「介護の日」にちなみ、誰もが介護や福祉の仕事に親しみを持っていただけるよう、「介護のコト体験フェア」を開催します。
 介護の技術、福祉用具に関する展示等のコーナーを設けるほか、東日本大震災で力を発揮した福祉専門職の方をお招きしてのシンポジウムを開催するなど、介護の今を知ることできるイベントになっています。是非、ご参加ください。

日程

 平成23年11月13日(日曜日) 正午から午後5時まで

会場

 東京国際フォーラム 展示ホール2(千代田区丸の内3−5−1)
 JR、地下鉄有楽町線 有楽町駅 徒歩1分

対象者

 介護問題に関心がある方、在宅で介護をしている方、介護・福祉の仕事に興味がある方(学生など)
 (興味がある方ならどなたでもお越しください。)

入場料等

 入場無料、事前申込不要

内容

介護のコトを体験できるWonderland!

イメージ
フクシロウ
  • 〜介護の知識や技術、福祉用具等の役立つ情報がいっぱい〜
    「大きな人を小さな力で介護するコツ」
    「介護予防のポイントと自宅でできる介護予防体操」
    「介護ロボットの紹介」
  • 〜特別プログラム&シンポジウム〜
    「東日本大震災で力を発揮した福祉専門職」
    「先輩職員が語る!福祉の仕事の魅力と実際」など

福祉の仕事、介護や福祉の悩みに関する相談コーナー

高齢者福祉研究大会 福祉保健局長賞の表彰式と演題発表

※プログラム内容及び時間は別紙のとおり
※当日会場でアンケートに答えていただいた方にもれなくグッズをさし上げます

11月11日は「介護の日」
 高齢化などによって介護が必要な人が増えている中、介護にまつわる課題は多様化しています。「介護の日」は、多くの人に、介護を身近なものとしてとらえてもらい、それぞれの立場で介護を考え、かかわってもらうことを目的に定められたものです。

※別紙 介護のコト体験フェア チラシ(PDF形式:2.29MB)

「10年後の東京」への実行プログラム2011事業
本件は、「10年後の東京」への実行プログラム2011において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標5 「安心できる少子高齢社会の都市モデルを創造する」
 施策13 「高齢者の安心した暮らしを地域全体で支援」

問い合わせ先
福祉保健局生活福祉部地域福祉推進課
 電話 03−5320−4049
東京都福祉人材センター
 電話 03−5211−2860