報道発表資料 [2015年11月掲載]
(←この報道発表資料のトップへ戻る)

河川・公園・墓地

恩賜上野動物園の警備について

 10月1日に上野動物園に行きました。午後12時00分ごろパンダ舎ではちょうどパンダが食事をしていて混んでいました。マナーを守らずフラッシュを使って撮影している人がいました。
 メスの所にいた警備員はフラッシュがたかれるたび注意していましたが、オスの所にいた警備員は見て見ぬ振りをして注意しませんでした。
 またパンダの檻にはフラッシュ禁止の注意書きがないので設置してください。

対応

 平素より、上野動物園をご利用いただき、また、このたびは、貴重なご意見をいただきありがとうございます。
 上野動物園のパンダ舎におけるフラッシュを使用した撮影については、屋内、屋外ともにフラッシュ撮影を禁止しており、警備員によるアナウンスやフラッシュ撮影を行った方へのお声掛けをさせていただいております。また、パンダ舎の入口には、「フラッシュ撮影禁止」の掲示をして来園者の方に注意を促すとともに、特に、屋内では、撮影時にフラッシュが使用されることが多いため、パンダの屋内展示室前にも同様の掲示をさせていただいております。
 今回、フラッシュ撮影の対応について、改めて全警備員に指導するとともに、今後は、カメラの自動発光機能がONになっていないかご確認いただくような掲示の設置やアナウンスなども行ってまいります。
 引き続き、皆様に当園を快適にご利用いただけるよう努めてまいります。

(建設局)

砧公園サッカー場の照明について

 砧公園サッカー場の照明が暗すぎます。スポーツをする上で危険なレベルです。直ちに、切れた照明器具をつけ直して下さい。
 砧公園サッカー場には、24個の電球が設置されていますが、その内の6個が切れて消えたままとなっています。しかも、その状態が何年も続いています。全てが消えるまでつけ直さないつもりなのでしょうか。
 いったい管理事務所の人は何を管理しているのですか。支払っている夜間照明料金は何に使われているのですか。暗いままで照明料金を支払わせるのなら、直すまで4分の1割引するべきです。
 とにかく大至急、砧公園サッカー場の照明を明るく直してください。ボールも人も見えづらく非常に危険です。

対応

 平素より、砧公園をご利用いただき、誠にありがとうございます。
 このたびは、ご不便をおかけいたしまして、大変申し訳ございませんでした。
 ご指摘をいただきました砧公園サッカー場の照明につきましては、直ちに点検を行い、不点灯箇所を確認して取替修理工事を実施いたしました。
 今後は定期的な点検のほか、夜間利用時は毎回の点灯確認作業を徹底し、再発防止に努めてまいります。
 引き続き、砧公園を多くの皆様に快適にご利用いただけるよう努めてまいります。

(建設局)