報道発表資料 [2015年9月掲載]
(←この報道発表資料のトップへ戻る)

道路・交通・港湾・空港

国際展示場駅から東京ビッグサイトへの屋根付き部分について

 りんかい線「国際展示場」駅から、ゆりかもめ「国際展示場正門」駅、東京ビッグサイトまでは雨天でも傘なしで移動ができるよう、屋根のついた通路が設置されています。
 先日、白杖を使用されている方が、ビッグサイト方面からりんかい線の駅に向かっておられたのですが、その屋根の柱の部分にぶつかってしまっていました。
 気の毒になったので、お声をおかけし駅までご案内しながら気付いたのですが、その屋根付き通路には点字ブロックが設置されていませんでした(点字ブロックがある場所は、屋根通路とは全く違うところでした)。あれでは目が不自由な方がとても気の毒過ぎます。
 急ぎ整備されたほうが良いと思い、ご意見させていただきました。よろしくお願いいたします。

取組

 この度は、貴重なご意見をいただきまして、どうもありがとうございます。
 臨海副都心は、都民のみならず、広く国内外からの多くの来訪者に楽しく快適に過ごしていただく空間として整備を進めてまいりました。今後、都では、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、さらに安全で快適な空間へと整備していくことが必要であると考えております。
 その中で、特に多くの来訪者で賑わう東京ビッグサイトとりんかい線「国際展示場」駅の間のシンボルプロムナードの安全対策についても、関係者と検討に努めてまいります。

(港湾局、福祉保健局)