報道発表資料 [2015年5月掲載]

都内避難者アンケートの調査結果について(概要)

平成27年5月19日
総務局

 東日本大震災から4年が経過し、避難生活が長期化している中、都内に避難されている方々を対象に4回目となるアンケート調査を実施し、下記のとおりその結果をとりまとめましたので、お知らせします。

1 アンケート調査の実施概要

(1) 調査目的

 避難生活が長期化している中、都内に避難されている方々のこれからの生活のご意向を把握し、今後の支援策の参考にするため

(2) 調査方法

 郵送によるアンケート調査

(3) 調査時期

 平成27年2月16日〜平成27年3月6日

(4) 調査対象

 東日本大震災により、都内に避難されている2,916世帯の世帯主(※)
※世帯主が元の住居にとどまっている等の場合は、現在も都内に避難されている方の代表者 [参考 前年調査:3,299世帯]

(5) 調査内容

 避難状況、世帯主の就業状況、避難者に対する支援策、今後の生活について

(6) 回答数

 1,144件(回答率:39.2%)
 [参考 前年調査:1,155件(回答率:35.0%)]

2 調査結果のポイント

別紙参照

3 今後の対応

 今回のアンケート調査で把握できた都内避難者の置かれている状況に応じ、避難元自治体や関係機関と連携してよりきめ細かく支援していく。

※別紙 都内避難者アンケート調査結果(PDF形式:576KB)

問い合わせ先
総務局復興支援対策部都内避難者支援課
 電話 03-5388-2384