報道発表資料 [2014年12月掲載]
(←この報道発表資料のトップへ戻る)

福祉(母子)

東京OSEKKAI化計画について

 いつも、ホームページを見させていただいています。
 今回の「東京OSEKKAI化計画」というのは、素晴らしいアイデアだと思います。
 児童の虐待がテーマのようですが、世の中何でも同じだと思います。つい、「変なことに関わりたくない」と思ってしまう人が大多数です。そういったことを考えると素晴らしい提案だと思いました。ただ現実には、おせっかいをしよう、と考える人はほんのひと握りでしょう。
 そこで提案ですが、やはり、このような意識は教育次第だと思いますので、それを発展させるためにも、賛同者を積極的に集められてはいかがでしょうか。きっと手をあげてくださる方がいらっしゃるはずです。
 何かあったら積極的に協力させていただこうと思っていますので、その節はお知らせください。

取組

 このたびは、貴重なご意見をいただき誠にありがとうございます。
 都では、子育てしている親と子供を優しく温かく見守る行動(気になる子供に声をかける、不安を感じている保護者に優しく声をかけたり、相談場所を教えるといったことなど)を「OSEKKAI」とし、普及啓発キャラクター「OSEKKAIくん」も活用しながら、児童虐待防止の取組を展開しています。
 都内の児童虐待に関する相談件数は年々増加していますが、その中には、子育てに悩むお父さん・お母さんが、誰にも相談できず、ついイライラして手をあげてしまうケースもあります。もし、誰かが「OSEKKAI」をしていれば、子供が被害者にならず、また、保護者が加害者にならずにすんだ場合もあったかもしれません。
 都では引き続き、「OSEKKAI」について広く知っていただき、「東京OSEKKAI化計画」に多くの都民の方々のご賛同がいただけるよう、区市町村、医療機関、学校・教育機関、警察等の関係機関と協力し、様々な児童虐待防止活動に取り組んでまいります。いただいたご意見は、今後の参考とさせていただきます。
 なお、「OSEKKAIくん」を活用した東京都の児童虐待防止の啓発活動について、詳しくは、ウェブサイトをご覧ください。

(福祉保健局)

画像