報道発表資料 [2014年10月掲載]
(←この報道発表資料のトップへ戻る)

河川・公園・墓地

かつての葛西の浜辺を再現していただきたい

 本日、葛西海浜公園に遊びに行きました。都内で唯一の海水浴ができると言っていいほど水質が改善し驚愕いたしました。
 そこで、提案が浮かびました。葛西臨海公園の松林を抜けた、その先の浜辺であるところの葛西海浜公園。季節限定で(特に天候が落ち着いた晩秋の頃)、以前、葛西近辺に存在した浜辺の作業小屋とベカ船、白黒写真で写っていた古き良き時代を忠実に再現するのはいかがでしょうか。
 葛西海浜公園沖で海苔の復活というお話もお聞きしました。葛西海浜公園沖産の海苔を浜辺で干し、加工する風景、良き文化の継承と都内に住むかつての葛西を知る高齢者たちへ熱い感動を与えるためにも最高ではないでしょうか。
 さらに都内で古き良き昭和の浜辺を再現する企画は前代未聞だと思います。海水浴と古き良き時代の演出。観光的な魅力も再発見されるのではと考えます。

対応

 このたびは貴重なご意見をいただきまして、ありがとうございます。
 海上公園は、都民のみなさまに港や海にふれあい楽しんでいただく空間としてご利用いただいておりますが、周辺の開発状況等にあわせ、各公園のあり方を見直していくことも必要であると考えております。
 その中で、海苔づくりなど江戸の昔から見られた人と海との関わりや文化の継承なども重要であると考えております。今回いただいたご意見を参考とさせていただき、東京港の魅力と海の素晴らしさを再発見できるような海上公園の実現に向けて取り組んでまいります。

(港湾局)

河川敷禁止事項の表示について

 浅草から浅草橋まで川沿いの散歩、ジョギングが可能になりましたが、自転車、スケートボード持込・走行等をひんぱんに見かけます。
 先日、外国人がレンタル自転車を走行しようとしていたので注意しましたが、入り口の禁止看板が見づらく、英語表記等もありません。
 各入り口に、持ち込みにくいようなバーを付けたり、大きくわかりやすい看板等の設置をお願いいたします。

取組

 このたびは貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございます。
 ご指摘いただいた浅草から浅草橋までの隅田川沿いでは、テラスに降りるスロープの入り口付近に、日本語とイラストの自転車乗入禁止看板を設置していましたが、最近、テラスでの外国人の自転車利用が増えてきており、外国語表記の看板設置のご要望を地元区等からいただいておりました。
 これを受けて、都では、英語、中国語、韓国語の多言語表記で、既存のものより大きな看板を10月中旬に設置しました。
 なお、スロープについては、車椅子などによりご利用される方もいらっしゃいますので、自転車の持込防止策といたしましては、引き続き、禁止看板による注意喚起や巡回指導により対応してまいります。
 今後も引き続き、適切な管理に努め、都民や観光客の皆様に快適にテラスをご利用いただけますよう努めてまいります。

(建設局)