報道発表資料 [2014年5月掲載]
(←この報道発表資料のトップへ戻る)

スポーツ

駒沢オリンピック公園総合運動場・陸上競技場について

 駒沢陸上競技場ですが、7月から国立競技場が解体されるのに伴い、高校サッカーで準々決勝が行われることもあり、今の状態よりも完全な緑の国立競技場のような芝生の状態になるようにお願いします。以前より良くはなりましたが、まだ国立競技場には及んでいないように感じます。ぜひ、お願いします。
 また、スタンドの椅子も、背もたれがなく観ていると疲れるので、改修の予定があれば、ぜひ、椅子についてもご検討ください。

説明

 日頃から、駒沢オリンピック公園総合運動場をご利用いただきありがとうございます。
 当施設は、都の指定管理者である「公益財団法人 東京都スポーツ文化事業団」が管理運営を行い、より多くの都民の方々にご利用いただけるよう努めているところです。
 このたび、ご要望のありました陸上競技場の芝生につきましては、ご利用いただいている方々に満足していただけるよう、可能な限り年間利用日数を制限して芝生の養生期間を設けるなど十分な配慮をしながら管理を行っております。
 当施設は、国立競技場の建替えに伴い利用者が多くなる傾向にあります。今後も引き続き、さらに注意を払い適切に芝生を管理するよう、改めて指定管理者に対して指導してまいります。
 陸上競技場の観客席につきましては、平成20年度に実施した大規模改修で、長椅子型ベンチを個別シートに変更することにより、収容人数を確保しつつも観戦に来られた方々の快適性を向上させることができました。改修実施後、日も浅いため、今のところ観客席については大規模な改修の予定はございませんが、今後とも、快適性の向上に努めてまいります。
 このたびのご意見につきましては、都並びに指定管理者ともども共有し、今後の施設管理、運営に活かしてまいりたいと思います。
 貴重なご意見をいただきありがとうござました。
 今後とも、駒沢オリンピック公園総合運動場を末長くご利用いただければ幸いでございます。

(オリンピック・パラリンピック準備局)