報道発表資料 [2014年5月掲載]
(←この報道発表資料のトップへ戻る)

道路・交通・港湾・空港

「東京シャンゼリゼプロジェクト」について

 インターネットのニュースサイトで、知事が「東京にシャンゼリゼのようなすばらしい通りをつくりたい」とおっしゃったことを知りました。個人的には、あくまでシャンゼリゼのように『すばらしい』通りであってシャンゼリゼを真似てほしくないと思います。東京らしさや日本らしさを前面に出した、すばらしい通りをつくってほしいです。
 そして、東京の人だけでなく、地方の人や世界中の人が「東京のようなすばらしい通りをつくりたい」と思うような通りになってほしいです。

取組

 このたびは、貴重なご意見をいただき誠にありがとうございます。
 都では、「東京シャンゼリゼプロジェクト」を立ち上げ、都が管理する道路において、一定の条件を満たした場合は、歩道上にオープンカフェなどの飲食施設等を設置できることとし、まちの活性化につなげてまいります。
 まちの活性化に向けて、地域の方々と共に都道を地域にふさわしいにぎわいの場所として活用してまいります。

(建設局)

都営バスの停留所管理について

 いつも都営バスを利用させていただいております。
 4月11日に杉並車庫前から利用したのですが、高円寺陸橋方向の標識には、3月31日で運行終了したはずの古い時刻表が掲示されたままでした。そして、4月1日からの新しい時刻表がぶら下げられていましたが、新ダイヤに移行して10日以上たっても取り替えないとはあまりにだらしなさすぎます。
 年末年始の時も同様に1月20日を過ぎても年末年始ダイヤを掲示したままでした。
 また、ずいぶん前ですが、成子坂下停留所を利用した際に、時刻表の端が標識の枠に隠れて見えないこともありました。
 運転手にお伝えしましたが、今はどうなっているのでしょうか。

対応

 都営バスの一部の路線について、4月1日にダイヤ改正を行いましたが、4月11日を過ぎても新旧2つの時刻表が掲出されたままであると、お客様からご指摘をいただきました。本件の対応状況は以下のとおりです。
 都営バス(小滝橋自動車営業所)杉並支所においては、4月1日から古い時刻表の撤去を始めましたが、回収を担当しておりました職員の勘違いにより杉並車庫前停留所の回収を失念してしまい、お客様にご迷惑をお掛けすることとなりました。ご指摘後、速やかに旧時刻表を撤去いたしました。
 また、「時刻表の端が標識の枠に隠れて見えない」というご指摘につきましては、時刻表のサイズを調整し表示が確認できるように改善いたしました。
 今後、本件について他の営業所にも周知を図り、年末年始ダイヤ等、その他のお知らせにつきましても同様のご指摘をいただくことのないよう、停留所の管理を徹底してまいります。

(交通局)