報道発表資料 [2014年2月掲載]
(←この報道発表資料のトップへ戻る)

職員

(電話対応について)

 先程、東京都都市整備局に電話をしました。
 男性が出ました。名前すら述べるどころか話しているのに相槌すら打たない、何も言葉は発しない、最終的にはここではなく住んでる区役所に…と言う対応でしたが、ビックリするくらい愛想悪いです。
 こちらもそんな対応なので愛想悪く電話を切りましたが、そんな職員が電話に出ることもそうですが、働いているのか思うとガッカリです。

取組

 このたびは、電話での問い合わせをいただいた際に、ご不快な思いを与えましたことをお詫び申し上げます。
 今回都民の方からのご意見を踏まえ、職場内の全職員に対し注意、指導を行い、接遇の向上に一層努めるよう再周知を行ないました。
 このたび、お寄せいただいたご指摘を真摯に受け止め、今後も都民サービスの向上に努めてまいります。

(都市整備局)

(救急救命士のちょっとした行動について)

 大みそかに家族で歩いていたら、たまたま救急車が通りかかりました。
 交差点で速度を落とした時に2歳の息子が救急車に向かって手を振ったら、なんと助手席に座っていた方が少し手を振ってくれたのです。年末で救急車の出動が多く、とても忙しいはずなのに、ほんの一瞬だけでもゆとりを持った対応に心が温まりました。その日1日何か良い気分でした。