報道発表資料 [2013年10月掲載]
(←この報道発表資料のトップへ戻る)

職員

(「東京都で財布を無くしても戻ってくる」は本当です。)

 9月23日夕方7時頃、息子(中学2年生)が都バスの中で財布を落としました。降車後すぐに気が付き、走ってバスを追っかけたようでしたが追いつけなかったそうです。彼の全財産が入っていたのでかなり落ち込んでおりました。
 するとしばらくして都営バス千住営業所から落し物の確認が自宅にありました。運転手さんがバックミラーで息子が追いかけている様子に気が付き、終点で車内を確認、見つけた財布や状況から判断し、すぐにご対応いただいたようです。知らせを聞いた息子は胸がいっぱいで食事ものどを通らない様子でした。
 9時半に営業所へお邪魔すると、時間外にもかかわらず迅速かつご丁寧な対応をいただきました。中学生の息子にとって、金額もさることながら人を思いやる気持ちや状況判断力、想像力の大切さなど、多くのことを学ぶ貴重な経験となりました。
 また窓口の方が、中学生の息子に対して大人と同じように丁寧かつ心のこもったご対応をいただく様子を見て感銘いたしました。そして私は心の中で、滝川クリステル氏の言う「東京で財布を落としてもそのまま戻ってきます」は本当であると思いました。
 文末ながら、このたびお世話になった方々に心より感謝申し上げます、ありがとうございました。
 今後も東京都がこういった誠実で心のこもった街であり続けてほしいと願っております。