報道発表資料 [2012年11月掲載]
(←この報道発表資料のトップへ戻る)

医療

(新生児 出産手術 お礼)

 かかりつけの産婦人科から都立多摩総合医療センターへ紹介を頂き、先日1ヶ月早産ではありましたが無事に生まれてきてくれました。当日中に新生児の手術をして頂き、現在無事に経過を見守っております。
 担当頂いた産婦人科、小児外科の医師をはじめ、多くの専門医の方々にお世話になりました。産婦人科の担当医には、なにより大きな心の支えとなっていただき、不安だらけの出産までの心のケアまで、常に前向きに、笑顔で励まされ、親身なリスク説明と提案をわかりやすくご対応頂きました。
 現在でもリスクがあり治療中ではあり、引き続きお世話になる事と思います。
 先生方には緊急性のある対応ばかりになってしまい、公私の境も曖昧な状況下で対応頂いた事と存じております。
 母子の命あるのも石原都知事率いる関係部署の方々のご尽力で医療センターが運営されている事からと実感しております。
 先生方に直接お礼をお伝えしたい気持ちではありますが、ご多忙な所を足止めする事もご迷惑かと思い、せめてこちらで深く感謝御礼申し上げます。
 なにも無い普段、がむしゃらに仕事をし、納税しても恩恵を感じる事に実感がありませんでしたが、今こうして命に関わる局面に対峙しますと、病院がある事、道路がある事、公園がある事、すべての事に感謝の気持ちが沸いてきます。
 このような病院や先生方にすべての人が隔たり無く出会える国になっていく事を願っております。
 長文を大変失礼いたしました。行政の最前線で取り組んで頂いておられます方々にほんのわずかでも励みになる声が届けばと懇願いたします。
 ありがとうございました。