報道発表資料 [2012年7月掲載]
(←この報道発表資料のトップへ戻る)

道路・交通・港湾・空港

(都営交通の振替輸送について)

 本日、都営新宿線の人身事故により振替輸送になり、振替乗車券をもらったのだが、経路も聞かず1枚だけ渡されたので、この1枚で大丈夫と思い、都営バスに乗ってJRに乗り継ぐ予定だった。
 しかし、バスを待って乗り込んで振替乗車券を見せたら、2枚ないと駄目だと言い、乗せてもらえなかった。
 説明不足ではないか…。

<不明>

取組

 駅での対応について、当日は朝のラッシュ時間帯で、お急ぎのお客様が振替乗車票を求めて殺到しておりました。少しでも早くお客様にお渡しできるよう急いでしまったため、経路をお聞きするなどの確認が不足してしまったと思われます。お客様には1枚しか振替乗車票をお渡しすることができず、大変ご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。今後につきましては、お客様に振替乗車票をお渡しする際は、定期券面及び経路の確認をしっかり行い、乗り継ぎが発生する場合は、バスご乗車の分を含めまして2枚をお渡しするよう係員に周知いたします。
 また、バスでの振替輸送の取扱いにつきましては、鉄道事業者が発行した「振替乗車票」をお持ちのお客様について、「振替乗車票」と引き換えにご乗車いただくことを原則としております。しかしながら、振替輸送を実施しているときは各駅とも混雑し、鉄道事業者において「振替乗車票」を必要枚数お渡しできない場合がございます。
 このような場合、都営バスは「振替乗車票」の提示などにより、振替乗車である旨を確認できれば、「振替乗車票」を回収せずにご乗車いただいております。
 お客様がご乗車いただいたバス乗務員におきましては、振替輸送の取扱いを十分に理解しておらず、また、説明も不十分であったため、ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。今後このようなことがないよう、振替輸送の取扱いについて、全乗務員に対し、再度、周知してまいります。

(交通局)