報道発表資料 [2016年5月掲載]

平成28年度 新規事業
「職場内障害者サポーター」を養成します!

平成28年5月9日
産業労働局
(公財)東京しごと財団

 東京都は、これまで障害や難病を持つ方の職場定着支援のため、東京ジョブコーチを企業に派遣してきましたが、今後新たに、企業における自立的な障害者支援を推進するため、企業の人事担当者や障害者と一緒に働く職場の社員を対象に、「職場内障害者サポーター養成講座」を実施します。さらに、講座修了者が「職場内障害者サポーター」として、職場の障害者のサポートを6か月間行った場合、企業に対し奨励金を支給します。
 障害者雇用、職場定着を進めたいとお考えの企業の皆様は、この機会に是非、講座や奨励金を活用し、障害者の職場定着にお役立て下さい。

「職場内障害者サポーター事業」のポイント

1)養成講座の実施

 都内企業の人事担当者や障害者と一緒に働く社員に対し、障害者支援のノウハウが学べる養成講座を実施します。

2)サポーターへの手厚いフォローアップ

 養成講座修了者が「職場内障害者サポーター」として、職場の障害者を支援する6か月の間に、支援員が月1回程度職場を訪問し、支援状況の確認やアドバイスを行います。また、フォローアップ研修を実施します。

3)奨励金の支給(中小企業24万円、大企業12万円)

 職場内障害者サポーターが、職場の障害者を6か月間支援し、フォローアップ研修を修了した場合、企業に対し奨励金を支給します。(1事業所につき1年度あたり1回限り。他にも支給要件があります。)

画像

養成講座の受講者の募集について(詳細は別添リーフレット(PDF形式:322KB)のとおり)

対象者(5月9日より受講申込受付開始)

 都内事業所の人事担当者、障害者と一緒に働く社員(これから障害者を雇用する場合でも申込可能です。)

問合せ・申込み先

 職場内障害者サポーター運営事務局(株式会社パソナハートフル内)
 電話 03-6734-1096 ファクス 050-3730-9195
 URL https://www.shougaisya-support.jp

※本事業は、東京しごと財団が株式会社パソナハートフルに委託して実施します。

本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略、政策指針に係る事業です。
 都市戦略5 「福祉先進都市の実現」
 政策指針14 「障害者が地域で安心して暮らせる社会の構築」

問い合わせ先
産業労働局雇用就業部就業推進課
 電話 03-5320-4663
(公財)東京しごと財団障害者就業支援課
 電話 03-5211-2303