報道発表資料 [2015年5月掲載]

伝統工芸の「未来」をつくるプロジェクト始動!
「伝統工芸品の商品開発・普及促進支援事業」の参加者を募集します

平成27年5月21日
産業労働局
(公財)東京都中小企業振興公社

 庶民の暮らしを支える製品の一大消費地である東京では、作り手と使い手の距離が近いという強みを背景に、伝統工芸品産業が発展を遂げてきました。そこで、東京都及び公益財団法人東京都中小企業振興公社は、こうした東京の強みを生かし、現代の市場が求める商品を匠の技で創り出すとともに、新たな市場を切り拓くことを目指し、今年度から「伝統工芸品の商品開発・普及促進支援事業」を開始します。
 このたび、本事業にご参加いただける事業者やデザイナー等を募集しますので、お知らせいたします。

1 事業概要

(1) 商品開発プロジェクト

 伝統工芸品事業者とデザイナー等で開発チームを結成し、海外での需要も視野に入れた高品質でデザイン性の高い新商品を開発します。アートディレクター・マーケティング専門家・都立産業技術研究センターなどの専門家が、開発を強力にサポートします。

(2) 普及促進プロジェクト

 プロモーション活動の実施や国内外での展示会出展等により、伝統工芸品等の新たな販路を開拓するとともに、東京の伝統工芸品のブランド価値を高め、国内外への普及を支援します。

画像

2 商品の開発イメージ

 新しいデザインの導入、新たな用途の提案、従来使われてこなかった素材や他の伝統工芸・技術との組合せなど、様々な切り口での開発を想定しています。

画像
切子模様による光の広がりを生かしたランプシェード
画像
銀器と陶器の組合せによって表現された盃

3 募集内容

  (1) 商品開発プロジェクト (2) 普及促進プロジェクト
対象

1) 東京都知事指定の伝統工芸品事業者あるいは区市町村指定の伝統工芸品事業者
2) 伝統工芸品の商品開発に意欲あるデザイナー等

・東京都知事指定の伝統工芸品事業者
・平成17年度から平成25年度まで、公社が実施した「東京の伝統工芸品チャレンジ大賞」入賞者

事業内容

・デザイナー等とのマッチングによる開発チーム結成支援
・開発チームによる商品開発にあたっての助言・アドバイス
・製品発表会の開催(28年度実施予定)

※材料費等の一部は公社が負担します。

・プロモーション活動(ウェブサイト上でのPR、パンフレットの作成等)
・国内外の展示会への出展
・販売方法の改善を行うためのテストマーケティング等

※経費は公社が負担します(展示会に係る渡航費等一部を除く。)

事業期間 約1年間 約2年間
募集数 1) 、2) とも20事業者程度
※ご応募いただいた後、マッチングにより組成したチームで企画案をご提出いただきます。選考の上、20チーム程度を決定いたします。
10事業者程度
※ご応募いただいた後、選考により決定いたします。
募集期間 平成27年5月21日(木曜)から
平成27年6月15日(月曜)まで
平成27年6月1日(月曜)から
平成27年6月30日(火曜)まで
応募方法 本事業ウェブサイトからダウンロードした申込書にご記入の上、以下の宛先へ郵送
〒125-0062葛飾区青戸7-2-5
(公財)東京都中小企業振興公社
城東支社商品開発プロジェクト担当
電話03-5680-4631
〒101-0025千代田区神田佐久間町1-9
(公財)東京都中小企業振興公社
総合支援課普及促進プロジェクト担当
電話03-3251-7881

 申請方法等、事業の詳細については、本事業ウェブサイトをご覧ください。

 「東京都長期ビジョン」事業
 本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
 都市戦略6「世界をリードするグローバル都市の実現」
 政策指針15「日本の成長を支える国際経済都市の創造」

問い合わせ先
(本事業の全体に関すること)
産業労働局商工部経営支援課
 電話 03-5320-4659
(商品開発プロジェクトに関すること)
(公財)東京都中小企業振興公社城東支社
 電話 03-5680-4631
(普及促進プロジェクトに関すること)
(公財)東京都中小企業振興公社総合支援部総合支援課
 電話 03-3251-7881