報道発表資料 [2015年2月掲載]

都関連用地を活用したガソリンスタンド併設型の水素ステーション整備を行う事業者を募集します

平成27年2月23日
環境局
公益財団法人東京都環境公社

 東京都は、公益財団法人東京都環境公社の協力を得て、水素社会の実現に向け、同公社が所有する土地を活用し、水素ステーションの整備を行います。
 水素は、多種多様な供給源から製造することができ、利用段階でCO2を一切排出しないため、化石燃料に代わるクリーンエネルギーとして、低炭素社会の切り札となり得ます。水素エネルギーの普及を図るためには、水素ステーションの整備が必要です。東京オリンピック・パラリンピック大会の開催を踏まえ、特に都心部・臨海部での早期の整備が必要となります。
 今回の水素ステーションの整備は、こうした動きを促進するために行うものです。整備する水素ステーションはガソリンスタンド併設型とし、建設及び運営・維持管理を行う事業者を下記のとおり募集することといたしました。

募集の概要

事業内容

 ガソリンスタンド併設型の水素ステーションの整備

事業実施場所

 東京都江東区潮見一丁目3番地1
 (現状:公益財団法人東京都環境公社 潮見環境・リサイクルセンター※)
※消火器及び廃蛍光管リサイクル事業等
※場所は、以下の事業実施場所地図を御参照ください。

面積

 3,388.10平方メートルのうち、約2,400平方メートル
※敷地東側、隣地との境界に接している2棟の建物は残置

主な条件

  • 本事業の遂行に必要な組織及び人員を有していること。
  • 本事業を円滑に遂行するために必要な経営基盤を有し、かつ、資金等について十分な管理能力を有していること。
  • 水素の製造・販売、自動車用燃料スタンドの建設や運用など類似事業の実績、経験を有していること。
  • 中小企業等が水素ステーションを運営するために必要な人材育成、水素エネルギーの普及啓発など都の施策に協力すること。

※詳細は「公募要項」(PDF形式:479KB)を御参照ください。

今後のスケジュール

要項配布

 平成27年2月23日(月曜日)から同年3月20日(金曜日)

受付期間

 平成27年3月2日(月曜日)から同年3月20日(金曜日)

書類選考・プレゼン

 平成27年3月23日(月曜日)から同年3月27日(金曜日)

業者決定(公表)

 平成27年3月31日(火曜日)

完成予定

 平成28年3月末

事業実施場所地図

画像

事業スキーム

画像

問い合わせ先
(事業に関して)
環境局都市エネルギー部計画課
 電話 03-5388-3570
(土地に関して)
公益財団法人東京都環境公社総務部経営企画課
 電話 03-3633-1955