報道発表資料 [2014年4月掲載]

幼稚園や保育所等の木材利用を支援します
木とのふれあい推進事業

平成26年4月23日
産業労働局

 東京都は、森林の循環(伐採〜利用〜植栽〜保育)を促進するため、地域の木材である東京の木“多摩産材”の利用を推進しています。
 木は、特有の温かみや柔らかさがあるほか、調湿効果などの優れた性質を有しており、子供たちのストレスを緩和させる効果があるといわれています。
 子供たちが木にふれ木の良さを知る機会を広げるとともに、多摩産材のPRを図るため、幼稚園や保育所等における、多摩産材を用いた内装木質化や遊具・什器整備の経費を補助します。

画像

募集概要

1 対象となる施設

 都内に所在する次の施設
 幼稚園、小学校、認可保育所、認証保育所、認定こども園
※国立及び公立の施設は対象としません

2 補助対象

  1. 内装木質化:壁、床、建具等の材として多摩産材を使用
  2. 木製遊具の整備:多摩産材を使用した木製遊具の整備
  3. 木製什器の整備:多摩産材を使用した木製什器の整備

画像画像画像
内装木質化木製遊具の整備木製什器の整備

3 補助の内容

 補助対象経費の2分の1以内で上限400万円

4 募集期間

 平成26年4月24日(木曜日)から6月20日(金曜日)まで

5 その他

 募集等の詳細は「木とのふれあい推進事業実施要領」等をご覧ください。要領及び応募申請書等は、東京都産業労働局農林水産部ホームページからダウンロードできます。

問い合わせ先
産業労働局農林水産部森林課
 電話 03-5320-4855