報道発表資料 [2013年6月掲載]

総量削減義務と排出量取引制度及び建築物環境計画書制度での優良事業所事例発表会
カーボンハーフビルの時代へ

「東京グリーンビルディングフォーラム」を開催します。

平成25年6月17日
環境局

 東京都では、地球温暖化対策を推進するとともに環境に配慮した建築物の普及を促進するため、都内の大規模事業所・建築物を対象に総量削減義務と排出量取引制度及び建築物環境計画書制度を導入しております。
 本フォーラムでは、従来のオフィスビルと比べCO2排出量を大幅に削減したカーボンハーフビルの時代へと突入した東京のオフィスビルの現状と、これらの制度の中で最新の省エネ技術を導入するとともに、日常の管理運用をきめ細かく行うことより特に高い評価を得た優良事業所の地球温暖化対策事例を紹介します。

1 開催日時

 平成25年7月18日(木曜日) 13時00分〜17時00分 ※受付開始12時30分

2 開催場所

 イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1)
 東京メトロ「霞ヶ関駅」徒歩1分(http://www.iino.co.jp/hall/access.html

3 内容

  1. 基調講演
    田辺新一氏(早稲田大学創造理工学部教授・東京都環境審議会委員)
  2. 東京都からの説明
    トップレベル事業所の認定実績、CO2排出量原単位の推移、建築物環境計画書制度の最新動向等
  3. 事例発表
    トップレベル事業所から3事業所〜省エネ運用事例を紹介
    最新の新築ビルから2事業所〜最新の省エネ技術を紹介
  4. ※「プログラム

4 定員・費用

 500名 入場無料

5 申込方法

 6月17日から、環境局のホームページで先着順にて受け付けます。
 電子申請URL:http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/form/top_seminar25.php
 東京都環境局のトップページの「ニュースルーム」の本発表の見出しから、該当ページに移動できます。

問い合わせ先
環境局都市地球環境部総量削減課
 電話 03-5388-3465